FC2ブログ
TOP | NEXT

高岳 マロン岩峰 やくし山周回(脊梁山地) 

2020年02月25日 ()
2月23日
仰烏帽子山近くの高岳、やくし山。
3人で静かな山歩きを楽しんできました。
maronnru-to.jpg
人吉ICで降り山江村経由で登山口へ向かいます。
下山予定地近くに駐車し暫くは車道歩き。
マロンIMG_9635
「肥後トンネル貫通石」があるお堂。
せめん原谷の取り付き。
マロンIMG_9638
上がって行き、暫らくは作業道を上っていきます。
作業道を外れ沢沿いに上っていくとわさび畑跡が現れます。
マロンIMG_9645
ここを過ぎると本格的に沢沿いを登っていきます。
マロンIMG_9646
自然のままの、せめん原沢。
マロンIMG_9650
最後は岩峰の間を抜け尾根に出ます。
マロンIMG_2020_02_23_6348_R(写真はS田様提供)
林道を横断し
マロンIMG_9654
高岳に続く尾根を登っていきます。
やがて高岳山頂。三等三角点高岳があります。
マロンマロンIMG_2020_02_23_6364_R(写真はS田様提供)
下って行き
マロンIMG_9670
再び林道横断。
マロンIMG_9671
高岳へ縦走路を進みます。
マロンIMG_9673
途中の陽だまりで昼食にします。
今日の天気はいう事なし。遠くには霧島連山。
マロンIMG_9677
マロン岩峰が見えてきます。
マロンIMG_9679
マロン岩峰山頂。
マロンIMG_2020_02_23_6382_R(写真はS田様提供)
やくし山へ向け雰囲気のいい縦走路を進みます。
マロンIMG_9695
やくし山山頂。
マロンIMG_9694
やくし山から南西の尾根を少し下ると、
昔は福寿草の群生地があったようですが
現在は見る影もなくなっています。
長やぶ谷へ下ります。
林道に出会い
マロンIMG_9698
急斜面を九十九折りに下って行くと
マロンIMG_9702
長やぶ谷に降り立ちます。
マロンIMG_9703
沢沿いに下って行き、最後はネットの間を抜け
マロンIMG_9705
車道に降り立ちました。

コースタイム
駐車地点7:55→谷取付8:27→わさび畑9:00→林道横断10:30
→高岳11:21→昼食12:03/12:39→マロン岩峰13:02→
やくし山13:53/14/19→沢出会15:20→駐車地点15:50

所要時間  7時間55分  3人  周回コース

初めて歩く山域、
快晴の下、3人だけの山登りを楽しみました。


21:20 熊本県の山 | (0) | (0) | 


春のキノコ(阿蘇) 

2020年02月24日 ()
今年は不作のようです。
二人で探しても、なかなか見つかりません。
やっとありました。
sasanabaIMG_9714.jpg
成果はこれだけ。
sasanabaIMG_97182.jpg

去年
20190313221019a73.jpeg

来年に期待しましょう。


23:05 山の話題 | (0) | (0) | 


今週の万歩計(8周目) 

2020年02月22日 ()
仏事などもあり慌ただしい1週間。 
 合間を縫って、しっかりと山にも行けました。

22:26 ウォーキング、フットパス | (0) | (0) | 


鎌倉山周回(甲佐町) 

2020年02月20日 ()

2月19日

甲佐町側から鎌倉山に登って来ました。

鎌倉山は美里町、佐俣の湯から

過去2回ほど縦走して登っています。

http://tbt6260.blog22.fc2.com/blog-entry-2221.html

http://tbt6260.blog22.fc2.com/blog-entry-2977.html

何れも、鎌倉山隣のP319は登らずに

中腹をトラバースしています。

今日は、そのP319と鎌倉山に登ってみたいと思います。

kamakurasyuukaiko-su.jpg

スタートは緑川沿いの尾北地区。

kamakuraIMG_9582.jpg

尾北の集落を抜け、最後は民家の庭先を通り

尾根の末端に取付きます。

杉の植林帯を抜け尾根に上がると自然林が続きます。

高度を上げると岩稜帯が続きます。

kamakuraIMG_9588.jpg

P319に到着。

kamakuraIMG_9591.jpg

下って行き、鎌倉山と遠くに甲佐岳を望む。

kamakuraIMG_9592.jpg

下り切ると見覚えのあるトラバース道との合流点。

ここまで2回ほどイノシシに遭遇。

登り返して鎌倉山。三等三角点鎌倉山。

kamakuraIMG_9596.jpg

反対側に下って行きます。

こちら側は竹林が多く、竹藪で苦労したり

kamakuraIMG_9599.jpg

歩き易い竹林を進んで行きます。

kamakuraIMG_9600.jpg

最後は藪を掻き分け車道に出ます。

kamakuraIMG_9602.jpg

車道を下って行くとポツンと一軒家。

kamakuraIMG_9603.jpg

人の気配を感じたので声を掛け、道を尋ねます。

井戸江方面へは道がないそうで、打出方面へ下ります。

さぁ、後は車道歩きで戻るだけ、と思っていましたが

打出で県道が通行止めです。

kamakuraIMG_9606.jpg

交通整理のお兄ちゃんに頼んでも、歩きでもダメだとか。

「人を入れたら僕が怒られます」と仰ります。

ということで遠回りして帰ります。

道端の石仏。

kamakuraIMG_9609.jpg

小鹿地区から望む、登って来た山々。

kamakuraIMG_9610.jpg

県道沿いの甲佐神社。

kamakuraIMG_9611.jpg

最後は、対岸に車は見えるのですが橋がなく

kamakuraIMG_9614.jpg

大回りして車へと戻って行きました。


コースタイム

駐車地点10:30→P319 11:17→鎌倉山12:00→車道出合12:40

→打出13:07→小鹿13:37→甲佐神社14:02→日和瀬橋14:30

→駐車地点14:55


所要時間  4時間25分  単独  周回コース


今日は、佐俣の湯で汗を流し帰宅しました。



23:30 熊本県の山 | (0) | (0) | 


今週の万歩計(7週目)  

2020年02月15日 ()
平均1万歩は、クリア。

平日は歩けない日が多く
何とか帳尻が合いました。
土曜日は二人で南阿蘇を散策。
歩け歩けIMG_9527
阿蘇の河津桜も開花し始めています。
歩け歩けIMG_9539


歩け歩けIMG_9542


歩け歩けIMG_9533
また、満開の頃に来てみよう。

23:06 ウォーキング、フットパス | (0) | (0) | 


岳平から万坂山縦走(山都町) 

2020年02月14日 ()

2月13日

先日の甲佐岳から眺めた山に登って来ました。

甲佐岳万坂山

この山。

そこだけ登るのももったいないので

万坂山まで縦走して来ました。

万坂ルートⅡ

川沿いの車道脇に駐車。

取付き予定尾根に向かいますが

歩き出してすぐに左上に延びてる林道があります。

岳平IMG_9455

取り敢えず、ここを登って行きたいと思います。

林道は有難い事に取付予定の尾根方向に延びています。

岳平IMG_9457

伐採跡を過ぎ、

岳平IMG_9460

尾根に取付きます。

岳平IMG_9461

急斜面の岩稜帯を登り

岳平IMG_9462

三等三角点岳平に到着です。

岳平IMG_9463

標石です。

岳平IMG_9465

ここから万坂山へ縦走したいと思います。

手入れが行き届いた、杉林を進んで行きます。

岳平IMG_9472

途中、人の話声が聞こえて来ました。

こんな山の中で人に会うなんて、とお互いビックリ。

間伐作業の下見に訪れているとの事。

時々、展望が開けます。

岳平IMG_9476

間谷山方面。

鉄塔を通過。

岳平IMG_9478

この先、峠道が拡張工事中の為一旦車道に降り立ちます。

尾根を外れて竹林を下って行きます。

岳平IMG_9482

拡張道路工事中。尾根は分断されてしまいました。

岳平IMG_9483

車道を渡り、再度尾根の取付地点を探します。

岳平IMG_9484

谷沿いに踏み跡が続いていたので辿る事にします。

尾根に上がると、伐採跡地が広がっています。

岳平IMG_9486

苗木を守るためにネットが張り巡らせてあります。

ネット沿いに登って行きます。

途中、林道が上って来ていて終点広場になっています。

岳平IMG_9489

更に境界を離れるネット沿いを登って行きます。

岳平IMG_9490

山頂手前は萱の藪となり、漕ぎまくって山頂に到着します。

岳平IMG_9494

三等三角点万坂峠があります。

岳平IMG_9496

一休みしてネット沿いに下って見ましたが

下山予定尾根から外れて行くばかり。

仕方なくネットを乗越、萱を掻き分けながら下って行きます。

岳平IMG_9499

藪漕ぎしながら下って行くと程なく作業道に出ました。

作業道は何ヶ所か分岐点がありますが、感を頼りに下ります。

歩け歩けIMG_9503

道がしっかりして来ると

岳平IMG_9504

峠になっている車道に出て来ます。車道歩きで戻ります。

岳平IMG_9507

上柚木地区へショートカット。

岳平IMG_9509

地元の方に山名を尋ねてみましたが

入道山だけが分かりました。


下柚木地区を抜け、車へと戻って行きました。


コースタイム

駐車地点10:25→尾根取付10:45→岳平11:05→

人に会う11:43→鉄塔12:05→車道12:23→昼食12:37/12:52

→林道終点13:05→万坂山13:35/13:45→林道出合13:55

車道出合14:11→駐車地点15:00


所要時間  4時間35分  単独  周回コース


今日も佐俣の湯に立ち寄りましたが

生憎の定休日でした。

先日頂いた無料利用権は

歩け歩けIMG_9511

次回使うことにしましょう。



14:00 熊本県の山 | (0) | (0) | 


河津桜(大分県) 

2020年02月11日 ()

二人で四浦半島を訪ねて来ました。

tizu.jpg

向こうには保戸島。

歩け歩けIMG_9436


歩け歩けIMG_9437


歩け歩けIMG_9438

高浜海岸。

歩け歩けIMG_9440

間元海峡を挟んで望む保戸島。

歩け歩けIMG_9443




23:13 ドライブ | (0) | (0) | 


県境歩きと鼠山(菊池市) 

2020年02月10日 ()

2月8日
ブログ仲間の海彦山彦様からの情報
菊池市に鼠山があるという事を知り、
仲間4人で、早速行って来ました。
鼠山周回コース
スタートは兵戸峠。
思いがけず、ちょっぴり雪景色。
鼠IMG_9363
歩き易い県境を進んで行きます。
鼠IMG_9369
青空をバックにに雪景色。
鼠IMG_9371
県境から少し離れている、三等三角点囲城に立ち寄ります。
鼠IMG_9377
縦走路は雪を払ったり、かぶったりしながら進みます。
鼠IMG_9382
標石も雪帽子。
鼠IMG_9397
鼠山を往復します。目印も所々見受けられます。
鼠山山頂で今日のメンバー。
歩け歩け歩け歩けnezumi(A山様提供)
県境に戻り保慶山を目指します。
途中、風を避け昼食。
進んで行くと、三角錐のピークが見えます。
鼠IMG_9398
下山予定のP1009のようです。
保慶山に到着。四等三角点保慶山があります。
鼠IMG_9403
この先、県境が藪になって来ました。
雪を被り、藪漕ぎしながら急斜面のP1009を目指します。
大分県側の林道へ下る為、中腹のトラバースルートを探しますが
雪の急斜面になっていて危険な為、ここから下るのを諦め

一旦P1009へ登頂。反対側に藪漕ぎしながら下り、

下降予定の尾根より一本先の尾根を下る事にしました。
傾斜が緩やかになって来ると一安心。
伐採地まで降りて来ました。
鼠IMG_9407
下には戻って行く林道。
林道に降り立ち
鼠IMG_9408
1時間半ほどの林道歩きで
鼠IMG_9412
兵戸峠へ戻って来ました。

コースタイム
兵戸峠7:25→P768 8:00→三角点囲城9:25→鼠山分岐10:00
(鼠山往復51分)10:51→昼食11:42/12:10→保慶山12:43
→P1009 13:13→県境別れ13:44→林道出合14:21→兵戸峠15:55

所要時間  8時間20分  4人  縦走周回コース

海彦山彦様、情報ありがとうございました。
まだまだ、知らない山が沢山ありますね。

11:30 熊本県の山 | (0) | (2) | 


COMMENT

Re: 拝読しました  エクシードkazu
> 海彦山彦様
そうですね。三等三角点囲城は山頂が平になっていて、
点名からして可能性はありそうですね。

拝読しました  海彦山彦
兵土峠から歩かれたんですね。
まさかの積雪で私たちが歩いた日とは別世界ですね。
囲城は気になっていましたが、城址のような山なのでしょうか?
以前、兵土峠から西へシシガ城までは歩いたことはあります。

コメントを閉じる▲

市内をウォーキング(熊本市) 

2020年02月09日 ()

2月9日

熊本ウォーキング協会の行事に

二人で参加しました。

るーとあるけ

出発は熊本駅。

歩け歩けkumamotoeki

先頭に着いて行きます。

歩け歩けIMG_9421

北岡自然公園散策。

歩け歩けIMG_9422


歩け歩けIMG_9423

路地を抜け

歩け歩けIMG_9424

藤崎台の梅。

歩け歩けIMG_9426

加藤神社から熊本城を望む。

歩け歩けIMG_9427

桜町で皆様と別れて、

次の目的地へ向かいました。


所要時間  3時間50分  100人(途中から単独)


来月も参加予定です。



22:00 ウォーキング、フットパス | (0) | (0) | 


今週の万歩計(6週目) 

2020年02月08日 ()
雨が多かった今週でしたが
二回の登山で、平均1万歩をクリア。


来週も頑張って歩きます。
22:06 ウォーキング、フットパス | (0) | (0) | 


TOP | NEXT