TOP | NEXT

彦嶽、高取山、三ツ尾山縦走(山鹿市) 

2017年02月19日 ()
今日は県北方面へ出かけて来ました。
平山温泉裏山ルート

山鹿市は平山温泉の裏山

道中望む、右から彦嶽、高取山、三ツ尾山を縦走して来ました。
DSCN3048.jpg

スタートは彦嶽宮下宮。
DSCN3054.jpg
脇には拝観者、登山者用の駐車場があります。

尾根沿いに造られた登山道を登って行きます。
DSCN3056.jpg
ちょっと荒れています。

途中、林道を横切り登って行くと中宮です。
DSCN3057.jpg

頂上近くで林道に出ます。林道を登って行き山頂。
DSCN3059.jpg

彦嶽宮上宮です。
DSCN3063.jpg

四等三角点彦嶽はその前にあります。
DSCN3065.jpg

高取山へ向かいます。ショートカットして林道に出ます。

三差路があり、荒れている左手の作業道に入って行きます。

その作業道が、尾根から大きく外れる所で再び尾根に取付きます。

基本地図上の波線を辿って歩いて行きます。

開けている所や、テープもたまにあります。が頼りにはなりません。

途中、「境界明確化」の表示杭があり、開けていたので辿ってみます。
DSCN3073.jpg

最後は急斜面を登って行き高取山山頂です。
DSCN3079.jpg
三等三角点高取山の標石。展望はありません。

山頂から三ツ尾山方面へはテープが続いています。

切り開かれてもいるのでペースも上がります。
DSCN3101.jpg

イノシシ用の罠も何ヶ所かあります。
DSCN3097.jpg

木々の間から望む三ツ尾山。
DSCN3084.jpg

登りにかかると目印も無くなりますが尾根を忠実に辿って行きます。

最後は間違えて隣のピークに到達。

登り直して三ツ尾山山頂です。
DSCN3089.jpg

祠があり二等三角点三頭山はその裏手にあります。
DSCN3092.jpg

南方面が切り開かれていて展望が利きます。
DSCN3094.jpg

来た道を戻ります。

2ヶ所ほどルートを外し、修正しながら下ります。

登り返して再び高取山。

ここから南の尾根を辿り下山します。

途中の痩せ尾根。
DSCN3109.jpg

このルートが悪かった。ルートミスしたり、歩きにくい竹林を通過

最後は藪を掻き分け、みかん畑に出て来ました。
DSCN3112.jpg

本来は四等三角点前岳がある尾根を下る予定でしたが

確認不足で尾根を間違えてしまいました。

結果苦労しました。反省点です。

貯水タンクの所で車道に出て、車まで戻ります。
DSCN3115.jpg
正面には一等三角点がある震岳。

コースタイム
彦嶽宮下宮8:50→中宮9:10→彦嶽9:30/9:35→尾根取付き9:46→
高取山10:38/10:53→三ツ尾山12:07/12:26→高取山13:45/13:53
→貯水タンク14:50→駐車場15:15

所要時間 6時間25分 単独 縦走周回コース

下山後は平山温泉、日帰りスパ フローラで汗を流し帰路に就きました。


22:32 熊本県の山 | (0) | (0) | 


佐俣の湯の裏山を縦走(美里町) 

2017年02月12日 ()
今年初の本格的登山に出かけて来ました。
佐俣ルート

スタートは美里町の佐俣の湯。

まずは裏山の中嶽を目指します。

最短コースで、いきなり佐俣の湯の裏山に取付きます。
DSCN2974.jpg

軽く藪漕ぎしながら登山道を目指します。
DSCN2975.jpg
やがて登山道に合流します。

登山道を登って行き上宮へ。
DSCN2978.jpg

上宮からはなだらかに登って行き中嶽へ。
DSCN2982.jpg
四等三角点長山があります。

少し戻り手蝶山を目指します。
DSCN2988.jpg
途中、展望が開けた所から脊梁山地が望めます。

基本、境界杭に沿って歩いて行きます。
DSCN2993.jpg

途中、コースを外したりしましたが

本日一番の急坂を登り切ると手蝶山はもう直ぐです。
DSCN2995.jpg

手蝶山山頂にある三等三角点打越。
DSCN3000.jpg
標識はありません。

鎌倉山を目指します。
DSCN3015.jpg

打越峠からは最初のピークを巻き

P319はパスしてトラバース道を歩き

緩やかに登って行き鎌倉山に到着します。
DSCN3017.jpg
ここにも山頂の標識はありません。

下りは少し戻りテープに沿って下って行きます。

途中、分り難い所もありますが尾根に乗っかれば歩き易いルートになります。

やがて林道に降り立ちます。
DSCN3024.jpg

ここからも尾根沿いに造られた作業道を下って行きます。
DSCN3028.jpg

やがて集落に降り立ちます。
DSCN3029.jpg

車道歩きで車(佐俣の湯)まで戻ります。

振り返って望む鎌倉山。
DSCN3035.jpg

途中から手蝶山方面。
DSCN3036.jpg

一時間弱の車道歩きで車に戻って来ました。

コースタイム
佐俣の湯10:00→登山道合流10:30→中嶽11:02→急坂12:05
→手蝶山12:35→打越峠13:08→トラバース13:45→鎌倉山14:30
→林道横断14:53→車道出合15:02→佐俣の湯15:55

所要時間 5時間55分 単独 縦走周回コース

当然、一風呂浴びて帰路に就きました。


21:42 熊本県の山 | (0) | (0) | 


四等三角点下ノ原(別府市) 

2017年02月03日 ()
大分自動車道、別府湾SAのスマートETCから行ってみました。
三角点下の原

立命館アジア太平洋大前を通り取付き点を探します。

南側には駐車スペースもなく、東側に回ってみました。

道路脇に駐車、田んぼの奥から取付けそうです。
DSCN2960.jpg

長靴に履き替え、分け入って行くと竹林が広がっています。
DSCN2957.jpg

結局、三角点まで竹林を苦労することなく、歩く事が出来ました。

竹林の斜面に三角点はありました。
DSCN2950.jpg

四等三角点下ノ原の標石。
DSCN2954.jpg

来た道を戻り、車が見えて来ました。
DSCN2958.jpg

所要時間 25分 単独 往復

今日は一つだけにしときましょう。


23:48 三角点 基準点 標石 | (0) | (0) | 


四等三角点宮崎(天草市) 

2017年01月25日 ()
倉岳町まで行った時、寄ってみました。
倉岳ルート三角点

今は使われていない施設の片隅に駐車。

神社の裏手に回り斜面を駈けあがると遊歩道が走っていました。

脇には四等三角点宮崎。
IMG_8199.jpg

山頂付近には石棺墓群が点在しています。
IMG_8200.jpg

遊歩道を下って行きます。
IMG_8205.jpg

港方面の眺め。
IMG_8204.jpg

下った所に案内板がありました。
案内板墓

所要時間 15分 単独 周回コース

久々の三角点探訪でした。

13:26 三角点 基準点 標石 | (0) | (0) | 


10万km 

2017年01月13日 ()
早いもので1月も半月が過ぎようとしています。

建て続けての引っ越し準備、作業で忙しい毎日を過ごしています。

我が愛車もいつの間にか10万キロを超えていました。
IMG_8136.jpg
見逃してしまいました。

乗り始めて1年と9ヶ月目。

以前に比べて、走る距離は少なくなりました。

08:00  | (0) | (0) | 


2016年の記録 

2016年12月31日 ()
2016年の記録

1/2   三ノ岳縦走(実家から熊本駅まで歩く)
1/7   足立山から陣ヶ尾へ周回(北九州)
1/8   妙見山(長門市低山)
1/9   荒尾山周回(熊本市近郊)
1/16  馬見原~黒峰縦走(脊梁山地)
1/23  植木三山縦走(熊本市近郊)
1/30  石神山~三淵山縦走(熊本市近郊)
2/2   城山(花立山)小郡市
2/4   鹿児島市三角点巡り(鹿児島市)
2/5   海ノ中道三角点巡り(福岡市)
2/6   郷ノ浦三角点(壱岐)
2/7   金比羅山(植木)
2/8   北外輪山三角点巡り(阿蘇)  
2/9   吾妻岳鳥甲山(雲仙市)
2/15  くにの松原三角点(大崎町)
2/27  御竈門山烏帽子山(阿蘇)
2/28  野焼きボランティア(阿蘇)
2/29  富岡三角点(苓北町)
3/5   鞍岳ツームシ山(阿蘇)
3/7   仰烏帽子山(脊梁山地)
3/8   慈眼岳(平戸島)
3/10  剣岳(鞍手町)
3/13  鞍岳ツームシ周回(阿蘇)
3/15  地島縦走(宗像市)
3/21  雁回山周回(熊本市近郊)
3/23  三千段(脊梁山地)
3/27  俵山周回(阿蘇)
4/2   鞍岳六峰縦走(天草)
4/8   御岳観音岳城山(対馬)
4/9   内山盆地周回(対馬)

4/14、16  熊本地震

5/18  高熊山三角点(伊佐市)
5/19  根子岳(阿蘇)
5/23  千元森嶽(天草)
6/3   平治岳黒岳周回(くじゅう連山)
6/7   六朗次山三角点(天草)
6/23  神崎鼻(日本本土最西端)佐世保市
6/26  金峰山(熊本市郊外)
7/3   金峰山(熊本市郊外)
7/18  南外輪山、地蔵~俵山(阿蘇)
7/23  三千段(脊梁山地)
7/31~8/5 黒戸尾根~三伏峠縦走(南アルプス)
8/25  金比羅山三角点(平戸島)
9/3   根子岳(阿蘇)
9/3、4 サマーキャンプIN阿蘇
9/10,11湯島、天草家族旅行(天草)
10/14 志々伎山(平戸島)
10/30 南外輪山 地蔵~高千穂野(阿蘇)
11/4、5 六甲全山縦走(神戸市)
11/26 八方ヶ岳南西尾根(菊池市)
11/29 名護岳(沖縄本島)
12/28 雁回山(熊本市近郊)

今年は特に、熊本地震以降は激動の日々でした。

地震の後片付けに追われる日々。

それでも夏場には南アルプス縦走を敢行。

帰って来て、夏場からはまた、ひと騒動。

激しい余震も相まって、我が家(自宅兼事務所)は半壊査定にランクアップ。

先々を考え、建替える事にしました。

ここからがまた大変。

みなし住宅の仮住まい探し。

事務所移転先のテナント探し。

自宅建替えの建築業者選定作業。

そんな合間にも岳友に誘われ六甲全山縦走、と山への情熱は消えません。

現在、何とか目星が付きました。

新事務所も保田窪方面に決定。

仮住まいも近くが見つかりました。

建築業者も決定。


ということで、正月明けから、また忙しくなります。

1月には自宅の引っ越し

1週間後は事務所の移転

その後、自宅の解体に入ります。

2月には、自宅も更地になる予定です。


正月もゆっくり出来そうにありません。


ということで、激動の一年が何とか無事に終わりそうです。

そして各方面の皆様方には大変お世話になりました。

引き続き来年も宜しくお願いいたします。


皆様、良いお年をお迎えくださいませ。




20:55 山行履歴 | (0) | (6) | 


COMMENT

Re: 新年ご挨拶  エクシードkazu
> 山の上一番 さま
あけましておめでとうございます。
今年も山レポート楽しみにしています。
今年も宜しくお願いします。

Re: あけましておめでとうございます。  エクシードkazu
> みちのく温泉マンさん
あけましておめでとうございます。
今年もめげずに山に登って行きたいと思います。
また、温泉紹介して下さい。
今年も宜しくお願いします。

Re: 謹賀新年  エクシードkazu
> 海彦山彦さん
あけましておめでとうございます。
忙しい合間にも、面白い山登りも続けて行きたいと思っています。
今年も宜しくお願いします。

あけましておめでとうございます。  みちのく温泉マン
激動の一年で大変でしたね。

それにしてもいつも元気に山々を攻められて尊敬します。

温泉マンの住み始めた千葉の流山でも一番標高の高いところに住んでます。

昨日行った赤城神社の社は海抜15mでした。

まずは筑波山からでしょうか…

今年もよろしくお願いします。

新年ご挨拶  山の上一番
新年明けましておめでとうございます♪
飛躍する‘17であることを期待します。
今年もどうぞ宜しくお願いします(^.^)

謹賀新年  海彦山彦
KAZUさん、いつもブログを拝見するばかりでご無沙汰しています。
新年、おめでとうございます。
しかし、改めて大変な1年でしたね。
そんな中でも南アルプスや六甲縦走など山に対する熱い情熱に頭が下がります。
今年も早々から慌ただしい日々が続くようですが
全ておさまるところにおさまるように、お祈りしています。
良い一年でありますように。

コメントを閉じる▲

雁回山(熊本近郊) 

2016年12月30日 ()
12月28日

登り納めは昨年と同じ雁回山になります。
雁回山登り納め

六殿宮駐車場から登ります。
DSCN2822.jpg

前回と同じく一ノ滝方面から周回する予定です。

ところが4差路まで来ると、一ノ滝方面が水浸しではありませんか。
DSCN2823.jpg

先の熊本地震で土砂崩れで谷沿いが埋まり、又昨日の雨も重なり

水はけが悪いようです。

ルート変更、作業道を登り、別ルートから登ります。

宮山展望所分岐より登山道に入り、尾根沿い(宮山ルート)を登ります。
DSCN2824.jpg

ひと登りで尾根沿いを走る林道に出て、すぐ二等三角点木原です。
DSCN2825.jpg

今日はここまでとし、引返します。

作業道を横断し宮山展望所へ。
DSCN2832.jpg

熊本平野方面の眺めが最高。
DSCN2833.jpg

下って行き、正月の準備が整っている六殿宮を参拝。

重要文化財にもなっている六殿宮 楼門。
DSCN2839.jpg

あっとゆう間でしたが登り納めといたします。

所要時間 1時間15分(登り45分、下り30分) 単独 周回コース


12:07 熊本県の山 | (0) | (0) | 


鯨見山(上五島市) 

2016年12月10日 ()
長崎県五島列島の上五島、帰りの船の待ち時間で

有川港周辺を歩いて来ました。
有川港ルート

海童神社への登り、木道があります。
DSCN2667.jpg

神社から下った所に鳥居があります。
DSCN2669.jpg

続いて鯨見山、案内板に沿って登って行きます。
DSCN2672.jpg

山頂のベンチ。
DSCN2680.jpg
茂みの中に三角点があるようですが手強そうなので諦めました。

燈台まで行ってみたいと思います。

遊歩道が続いています。
DSCN2682.jpg

平串崎燈台。
DSCN2691.jpg

岬からの眺め。
DSCN2690.jpg

帰りに立ち寄った、かぶと岩。
DSCN2701.jpg
案内板などありませんが、地元の人に教えて頂きました。

そろそろ、港に戻りましょう。

所要時間 1時間10分 単独 周回

20:40 長崎県の山 | (0) | (0) | 


江津湖一周ウォーキング② 

2016年12月04日 ()

周回ルート2

10677177thumb.jpg

10677178thumb.jpg

10677179thumb.jpg

10677180thumb.jpg

10677181thumb.jpg

21:23 ハイキング、オルレ、フットパス | (0) | (0) | 


名護岳(沖縄本島北部) 

2016年11月30日 ()
沖縄出張、最後は名護市。

帰りの飛行機まで1時間程の空き時間があり登って来ました。
名護岳ルート
山腹を抜ける林道まで上がり、登る事にしました。

東屋脇に駐車。
DSCN2638.jpg

「名護岳」の案内板に沿って登山道を進みます。
DSCN2639.jpg

ルートは良く整備されたいて分岐点には案内板あり。
DSCN2642.jpg

登って行き前岳。
DSCN2643.jpg

山頂手前の階段。
DSCN2644.jpg

名護岳山頂。
DSCN2647.jpg

霞んでいて眺めは今一。

反対側に下り、周回してみます。
DSCN2653.jpg

林道に降り立ち、少し進むと再び登山道に入ります。が

登山道をうっかり見過ごして、行き過ぎてしまい、
DSCN2654.jpg
引返しました。

沢沿いを下り、最後は登り返し東屋に戻って来ました。

案内板。
DSCN2664.jpg

予定通り1時間以内で戻って来ました。

所要時間 55分 単独 周回コース

乗り遅れないよう先を急ぎましょう。

21:31 沖縄県の山 | (0) | (0) | 


TOP | NEXT