TOP | NEXT

北海道遠征(9日目) 

2018年06月23日 ()
6月23日

6月23日ルート

今日は朝一(4:00)から暑寒別岳に登り
asibeti1.jpg
昼前には下山しました。

汚れ物も多くなってきたので留萌市のコインランドリーで
asibetu2.jpg
洗濯タイム。

日本海側を北上。



途中、熊本ナンバーが止まっているのを発見。
(こういう所で熊本ナンバーに会うと嬉しいですね。)

声をかけてみました。

熊本市内からご夫婦来ているとの事。

お互い、良い旅になるといいですね。


今日の車中泊は苫前町

道の駅風Wとままえです。

18:35 2018北海道遠征 | (0) | (0) | 


北海道遠征(8日目) 

2018年06月22日 ()
6月22日

本日は道の駅北竜周辺の一等三角点を二か所訪問。

成果は一勝一敗。
rumoi2.jpg

明日の暑寒別岳に登るため、これから登山口まで移動します。

留萌でこれ、書いてます。

本日、朝はどんよりとした曇り空でしたが

徐々に良くなり現在は晴れています。
rumoi1.jpg

明日も大丈夫でしょう。
15:07 2018北海道遠征 | (0) | (0) | 


三角山、大倉山(札幌市) 

2018年06月22日 ()
6月21日

朝から晴れ間も覗いていたのでどこか登る事にしました。

名前もいいし、ここに登りましょう。
三角山大倉山ルート
札幌近郊の山、朝から多くの登山客で賑わっているようです。

山の手登山口の案内板。
さんかくやまるーと

前夜の雨で滑りやすい登山道を、用心しながら登って行き三角山山頂。
sannkaku2.jpg

札幌市内の眺め。
sannkaku1.jpg

山頂で地元の人と話をしていると、大倉山はすぐとの事。

行ってみることにしました。

下って登り返すと案内板。
sannkaku4.jpg

降りていくとジャンプ台の上に出ました。
sannkaku3.jpg
高さを実感します。

観光用でリフトは動いています。

暫く、眺めを楽しみ戻ります。

別コースをたどり、車まで戻って行きました。

07:41 北海道の山 | (0) | (0) | 


札幌岳(北海道) 

2018年06月22日 ()
6月20日

一等三角点がある札幌岳に登ってきました。
札幌岳ルート図

曇り空、午後は天気が崩れる予報が出ています。

山頂付近はガスに覆われているようです。

登山口は広い駐車場になっています。
sapporo1.jpg
登山届を提出。出発します。

沢沿いの道を登っていきます。
sapporo2.jpg

途中、林道を横断します。
sapporo3.jpg

薄日も射したりします。
sapporo4.jpg

丸太橋など何回か渡り、登っていくと山小屋に到着します。
sapporo5.jpg
冷水小屋、この時期閉鎖されています。

小屋の前の冷たい水でのどを潤し、急登に臨みます。

暫く頑張ると平地に出てきます。
sapporo6.jpg

山頂に続く登山道。
sapporo7.jpg

ガスに覆われた山頂に到着しました。
sapporo8.jpg
天気が良ければ、見晴らしが良さそうです。

残念ですが下山します。

往路を戻ります。

こんな天気でも5パーティー程とすれ違い、下山しました。

コースタイム
駐車場6:30→林道横断7:09→冷水小屋7:46→札幌岳8:54
→冷水小屋9:58→林道横断10:27→登山口(駐車場)11:05

所要時間  4時間35分 単独 往復

天気も何とかもってくれました。

下山届を提出し、近くの公園で昼食にしました。


07:00 北海道の山 | (0) | (0) | 


余市岳(北海道) 

2018年06月21日 ()
6月19日

余市岳はキロロリゾートがスタートになります。
余市岳登山ルート

この時期、閑散とした駐車場から歩き始めます。
yoitiburogu1.jpg

最初は林道歩きです。いきなりの注意書き。
yoitiburogu2.jpg

1時間ほど林道を登っていくと登山口です。
yoitiburogu3.jpg

登山道に入り、沢沿いに登っていきます。

途中、徒渉地点があります。
yoitiburogu4.jpg

渉る場所を見出せず、裸足になって渡る事にしました。

雪渓の雪解け水は冷たい。

徒渉すると沢から外れ尾根を登っていきます。

笹が多くなり傾斜が緩くなるとT字路にぶつかります。
yoitiburogu5.jpg

山頂に向け尾根を進んでいきます。

余市岳。
yoiti1.jpg

登り、雪渓歩きもあります。
yoitiburogu6.jpg

山頂近く。
yoitiburogu7.jpg

山頂付近はなだらかで、遭難碑がある手前のピークを経由して山頂。
yoitiburogu8.jpg
一等三角点余市岳があります。

快晴で、残雪の羊蹄山も望めます。

帰りはリフト乗り場方面へ行ってみました。

T字路からは水平道が続きリフト乗り場に至ります。
yoitiburogu9.jpg

ここからはリフトの下を辿り下ってみます。
yoitiburogu10.jpg

途中からは作業道を辿り、登山口近くの林道に出ました。

1時間近く林道を歩き、駐車場へと戻って行きました。

コースタイム
駐車場6:30→登山口→徒渉7:50→T字路8:53→余市岳9:50
→T字路10:52→リフト乗場11:32→林道出合12:23→駐車場13:30

所要時間  7時間  単独  周回コース


いきなりの晴天で幸先が良い、北海道の山登りとなりました。





20:26 北海道の山 | (0) | (0) | 


北海道遠征(7日目) 

2018年06月21日 ()
6月21日

今日は札幌から北上、北竜まで来ました。
6月21日ルート

コインパーキングで目覚めたら、

予報に反し、半分ほど青空が広がっていました。

札幌郊外の山を登る事にしました。

一等三角点がある三角山。
sannkakuyama.jpg

隣の大倉山に縦走します。
ookurayama.jpg
ジャンプ台の上から札幌市内を望む。

札幌を離れ北上、途中とある駅前で昼食。
DSCN8146.jpg
電車が入ってきました。

今日は道の駅サンフラワー北竜で車中泊です。
DSCN8151.jpg

温泉に入り、レストランでほろよいセットを注文し
KIMG1688.jpg
(ビール2杯、おつまみ付きで1000円)

ブログを書いてます。

明日も少し天気が悪そうです。

朝から決める事にしましょう。

16:23 2018北海道遠征 | (0) | (2) | 


COMMENT

Re: ヒグマにくれぐれも注意  エクシードkazu
> 大佐賀様
タケノコ出てましたね。了解しました。
音を立てながら歩きます。

ヒグマにくれぐれも注意  大佐賀 裕
山に入ると熊笹が生い茂っていますが…
丁度、笹タケノコのシーズンです。熊もこのタケノコが大好物なので、藪の中で遭遇する可能性大です…
天候と同じくらいお気をつけて!

コメントを閉じる▲

北海道遠征(6日目) 

2018年06月20日 ()
6月20日

午後から天気が崩れるということで

余市町を早朝に出て、定山渓の南に位置する札幌岳を目指します。
6gatu20nitiルート

到着時、山頂は雲に隠れていましたが登ってきました。
sapporpdake1.jpg

雨に会うことはありませんでしたが、ガスの中の山頂でした。

下山後は定山渓で温泉に入り札幌市内へ。


夜は友人とススキノで食事。

お店から出た時には雨に変わっていました。


近くのコインパーキングで車中泊です。(12時間 1600円)コンビニ隣

走行距離 190.4km (累計 1067.1km)

23:50 2018北海道遠征 | (0) | (0) | 


北海道遠征(5日目) 

2018年06月19日 ()

6月19日

今日は余市岳に登ってきました。
6月19日余市ルート図

小樽から早朝に登山口へ移動。

7時間かけ余市岳に登ってきました。
yoiti1.jpg
申し訳ない程の快晴で、いきなり北海道を満喫しています。

下山後は余市町に来ました。

ニッカウィスキーの工場見学もして
yoiti2.jpg

隣の道の駅で今日は車中泊します。

温泉も近くにあります。

お進めです。


これ(北海道の情報誌)、買いました。
KIMG1678.jpg


走行距離  74.3km (累計 953km)


19:15 2018北海道遠征 | (0) | (0) | 


北海道遠征(4日目) 

2018年06月18日 ()

6月18日

今日は一日フェリーでした。

間もなく小樽港に到着します。

積丹半島の山々。
feri-1.jpg
まだ、雪が残っていますね。

今日の船上からの夕日も奇麗でした。
fer-2.jpg

上陸後は近くで車中泊します。

明日は、近くの山を登る予定です。

20:04 2018北海道遠征 | (0) | (0) | 


烏ヶ岳(福知山市) 

2018年06月17日 ()
6月17日

舞鶴港へ行く途中、登ってきました。

福知山市の一等三角点がある烏ヶ岳です。
烏ヶ岳ルート図2

小学校脇を通り、細い林道に入ります。

山頂には電波塔があり林道も山頂まで続いているようですが

手前に止め、少し歩く事にしました。

林道を登っていくと烏ヶ岳への登山口があります。
DSCN7897.jpg

一旦、林道から別れ尾根沿いの登山道を登っていきます。
DSCN7898.jpg

山頂手前の小ピークに出て、登り返して山頂です。
DSCN7904.jpg

一等三角点烏ヶ岳の標石です。
DSCN7900.jpg

帰りは隣の、鬼ヶ城経由で下って行きました。

所要時間  1時間45分 単独 周回コース



舞鶴港へと車を走らせました。
22:33 関西の山 | (0) | (0) | 


TOP | NEXT