TOP | NEXT

北アルプス縦走4日目、5日目 

2017年10月14日 ()
10月2日

予定では立山経由五色ヶ原まで歩きます。
4日目五色が原

剱岳にはモルゲンロート。
DSCN4602.jpg
ちょっと元気がない。

明るくなって剣沢テン場を出発です。

今日は午後から50%以上の雨予報。

覚悟を決めて歩き出します。

立山へは、直登ルートを登ります。

高度を上げ、振り返って見る剣沢テン場と剱岳。
DSCN4603.jpg

風が強い稜線に出る手前で休憩。

稜線の向こう側は雷鳥沢、室堂。
DSCN4607.jpg

強い風を受けながら別山。
DSCN4606.jpg

後立山方面の紅葉。
DSCN4608.jpg

この時期、山小屋の閉鎖も相次でいて

ルート上から近い内蔵助山荘も今日で閉鎖のようです。
内蔵助山荘

富士の折立まで上がって休憩していると雪になりました。
DSCN4611.jpg
ついに降り出しました。

縦走中に雨に変わって来て、雄山で雨具を着けます。
DSCN4613.jpg

山頂を参拝。
DSCN4616.jpg

予想通りの雨の中、一ノ越へ下り、五色ヶ原へ向け登り返します。

後は黙々歩くだけ。

ザラ峠を通過します。
KIMG0061.jpg

強風、時にはガスの中、獅子岳を越え五色ヶ原に到着しました。

今日は小屋泊まり。

来週には閉鎖するという小屋には私たちと、単独行の方だけ。

明日も雨予報の為、3人で話し合い明日は沈殿する事に一時的には決まりました。

しかし、小屋の御主人のアドバイスで先に進むのを諦めました。

「寒気が下りて来ているので雪になるかも知れない。
暫くはぐずつく予報が出ている。
薬師峠までの距離が長い。
エスケープで折立に降りてもバスがない。
先の黒部五郎小屋は閉鎖されている。」

などを考慮し室堂へ下山する事にしました。

御主人は「もう少し早く来れば良かったのに」と一言。

10月3日

雨の中、昨日の逆コースで一ノ越まで戻ります。
KIMG0062.jpg

ここからは歩きにくい、整備された道を歩き室堂まで戻って行きました。


コースタイム
10月2日
剣沢テン場5:50→別山7:00→富士の折立8:20/8:40→
雄山9:10/9:30→一ノ越小屋10:00/10:20→
獅子岳12:20/12:40→ザラ峠13:35→五色ヶ原小屋14:40
10月3日
五色ヶ原小屋7:30→獅子岳9:15→一ノ越11:05→室堂11:45

所要時間
10月2日 8時間50分 二人 縦走
10月3日 4時間15分 二人 縦走

続きは来年までおあずけです。

急に決まった山行きでしたが、衰えを感じる事無く

尻上がりに調子が出てきましたが天気には勝てませんでした。

 

17:37 本州の山 | (0) | (0) | 


北アルプス縦走3日目 

2017年10月09日 ()
10月1日

今日は剱岳を目指します。
3日目剣岳

明るくなってから真砂沢のテン場を出発します。

直ぐに短い雪渓を通過します。
DSCN4547.jpg

再び、夏道を歩き長次郎谷出合辺りから本格的な雪渓登りです。

振り返って見る雪渓。
DSCN4550.jpg

雪渓を登り続けます。
DSCN4556.jpg

雪渓を末端まで登り夏道に出ます。

ひと登りで剣沢小屋に到着です。小屋の前から剱岳。
DSCN4559.jpg

10分程登り、テン場へ。テント設営です。
DSCN4561.jpg

サブザックで剱岳を目指します。
DSCN4563.jpg

日曜日の、この時間から登る人は少なく混む事もありません。

前剣を下り登り返します。

緊張する場面もありますが、しっかりしたホールドがあり確実に登って行きます。

山頂直下の早月尾根分岐。下には早月小屋も見えています。
DSCN4578.jpg
何時かここも登りたい。

そして山頂。
DSCN4583.jpg

ちょっと先には三等三角点剣岳。
DSCN4579.jpg

剣沢、立山方面です。
DSCN4587.jpg

山頂からの眺めをどうぞ。


降りも慎重に下って行きます。
DSCN4591.jpg

剣山荘周辺。
DSCN4597.jpg

紅葉が始まっている剣沢、テン場へ戻って来ました。
DSCN4599.jpg

コースタイム
真砂沢ロッジ6:00→雪渓6:47→雪渓終点8:00/8:15→剣沢小屋9:00
→剣沢テン場9:10/10:00→前剣11:35→剱岳12:40/13:00→
前剣14:00→剣沢テン場15:40

所要時間 9時間40分 二人 往復

明日の天気を心配しながらシュラフに潜り込みました。



01:05 本州の山 | (0) | (0) | 


北アルプス縦走2日目 

2017年10月08日 ()
9月30日

初日の夜にしてはぐっすり寝れ、二日目を迎えました。

今日は長丁場、暗い内からライトを着けスタートです。
2日目真砂沢

昨日の続きで水平歩道を進み、明るくなって来ると

仙人ダムの管理棟が見えて来ました。

登山道は途中、トンネル歩道に入って行きます。
DSCN4495.jpg
鉄の扉を開閉して入って行きます。

トンネルは分岐もあり案内板に沿って進んで行きます。
DSCN4496.jpg

トンネル出口手前にはトイレもあり、先客が居りました。

この辺のルートは雲切新道設置にあたり許可が下りたルートのようです。
DSCN4498.jpg
仙人ダム脇を通過します。

ルート開拓にも関西電力、環境省など関係者の協力があるわけですね。

再び登山道に入り、仙人谷に架かる丸太橋を渡ります。
DSCN4499.jpg

ここからは雲切新道の長い登りが始まります。

黙々と登り、展望が開けて来ました。
DSCN4513.jpg
後立山の山々方面。

1629ピークを過ぎ下りに入り、仙人温泉小屋を望みます。
DSCN4502.jpg

仙人温泉小屋では、降りて来たグループから、滑落者がいるとの情報がありました。

気を引き締めて登る事にします。

短い雪渓を通過します。
DSCN4510.jpg

谷筋を登って行きます。
DSCN4505.jpg

最後を頑張り仙人池(ヒュッテ)に到着します。
DSCN4516.jpg
紅葉が始まっている湖畔で暫し休憩します。

池の平小屋分岐辺りから振り返る仙人池ヒュッテ方面。
DSCN4526.jpg

後立山方面。
DSCN4528.jpg

仙人新道を下って行き真砂沢を目指します。

いい加減下ったあたりで沢に出合うと吊り橋を渡ります。
DSCN4535.jpg

沢沿いに緩やかに登って行き真砂沢ヒュッテのテン場に到着しました。

コースタイム
5:00阿曽原小屋→仙人ダム5:50→丸太橋6:20→
仙人温泉小屋9:30/9:55→仙人池12:15/12:45→
沢出合つり橋14:35→真砂沢ヒュッテ16:10(テント泊)

所要時間 11時間10分 二人 縦走

夕焼け(アーベントロート)が山肌を染めて来ました。
DSCN4544.jpg
明日も天気は良さそうです。

23:33 本州の山 | (0) | (0) | 


北アルプス縦走1日目 

2017年10月08日 ()
9月29日

富山駅から始発の宇奈月温泉行きに乗り、乗り継いで欅平行きに乗り

9時前には欅平に到着します。いよいよスタートです。
DSCN4456.jpg
今日は阿曽原小屋まで。
1日目阿曽原

記念碑の脇を登って行きます。

三つ程鉄塔の基部を過ぎると水平歩道に変わります。
DSCN4460.jpg
9月中旬まではこの区間通行止めだったようです。

中腹をくり抜いた歩道が続いています。
DSCN4472.jpg

DSCN4483.jpg

トンネルを幾つかくぐって行きます。
DSCN4473.jpg

重いリュックで肩が痛くなり出した頃、阿曽原小屋に到着しました。

初日はやっぱりきつかった。

コースタイム
欅平9:10→水平歩道入口10:30→トンネル1(志合谷)12:00→
トンネル2(オリオ谷)13:15/13:40→阿曽原小屋15:25

所要タイム 6時間15分 二人 縦走

露天風呂に夕方と夜、2回入り初日の疲れを癒しました。


20:19 本州の山 | (0) | (0) | 


北アルプス縦走 

2017年10月03日 ()
本日(10/3)下山しました。

室堂に下山し、只今富山市内で打ち上げです。
KIMG0064.jpg
ます棒寿し

一日目
欅平から阿曽原温泉小屋テント泊

二日目
仙人ダム、仙人池、真砂沢ロッジテント泊

三日目
剣沢、剣岳往復、テント泊

四日目
立山連峰縦走、獅子岳、五色ヶ原小屋泊

五日目
引き返し室堂へ下山。
全体ルート


薬師岳方面へ歩く予定でしたが悪天候のため
途中で下山しました。

久しぶりの重いリュックを背負っての縦走
充実した山歩きでした。

22:42 本州の山 | (0) | (2) | 


COMMENT

Re: タイトルなし  エクシードkazu
> kei様
コメントありがとうございます。私もあの時のことを思い返しながら計画し歩いていました。
計画では槍ヶ岳まで歩く予定でしたが、天候不順、交通機関、山小屋の閉鎖等があり
無理せず途中で下山しました。続きは来年です。

  Kei
ご無沙汰しております。2008年の北ア縦走で毎日同じキャンプ場でお会いしたKeiです。自身の記録を見かえし、もう9年も前かと驚きました。たまに拝見しております。相変わらず精力的に山歩きされていますね。お会いした山域の記事に思わずコメントします。天災にも屈することなく歩かれる近況に、勝手に奮い立たされました。こちらは娘を背負っての登山が今年から始まりました。いつか北アの山域の面白さを知ってもらいたく、マイペースで歩きます。先日は木曽駒ケ岳へ。体力の衰えを感じます。

コメントを閉じる▲

長かった六甲全山縦走(兵庫県) 

2016年11月10日 ()
神戸市主催の六甲全山縦走大会より一週間早く、歩いて来ました。

縦走1

前半は市街地歩きを含む、アップダウンのあるコースを歩きます。

長丁場、ゆっくり登って行きます。

振り返ると明石海峡大橋。
DSCN2448.jpg

最初の山域のピーク、鉄拐山山頂。
DSCN2454.jpg

一旦下山、高倉台のひっそりした深夜の市街地を静かに抜けて行きます。

栂尾山への登り、再び山中へ。長い階段が続きます。

横尾山山頂。
DSCN2463.jpg

馬の背通過。
DSCN2465.jpg
岩稜帯で高度感がありそうですが、暗くて何にも見えません。

東山から下山すると再び、市街地。

途中、本妙寺境内で初めての大休止。

公園脇を通り高取山に取付きます。

一度は来たかった加藤文太郎がトレーニングで通った山。

DSCN2469.jpg
山頂にも立ち寄ってみます。

神戸市方面の夜景。
DSCN2471.jpg

三度、市街地円山町へ。

道に迷いながら歩き、案内があると一安心。
DSCN2474.jpg

鵯越駅裏から再び山道にはいります。
縦走2

菊水山への登りはきつい。

吊り橋を渡り、再び鍋蓋山への急登。
DSCN2484.jpg

夜が明ける頃、天狗峡の沢を渡ります。
DSCN2486.jpg

摩耶山への長い登り。
縦走3

三角点がある山頂にも立ち寄ります。
DSCN2490.jpg

ここが全行程の中間らしい、先が思いやられます。

掬星台で大休止。
DSCN2494.jpg

暖かくなり、調子も出てきました。

軽いアップダウンを繰り返しながら快調に歩を進めます。
DSCN2500.jpg

後半は車道歩きも多くなってきます。
縦走4


六甲ガーデンテラスを通過。

車道と並行して登山道が付けられていて、そちらを歩いて行きます。

六甲山最高峰に到着。最後の大休止。
DSCN2503.jpg
今日は快晴、多くの人で賑わっています。

車道を少し進むと宝塚へと続く下山道へ入って行きます。

尾根道。
DSCN2509.jpg

3時間程の長い下りで塩尾寺に到着。

宝塚はもう直ぐです。
DSCN2513.jpg

長い二日間が終わり、温泉でゆっくりしました。

コースタイム
須磨浦公園駅22:00→鉄拐山22:45→横尾山23:42→高取山1:45→
鵯越駅2:47→菊水山4:00→鍋蓋山5:15→桜茶屋6:20→摩耶山8:13
→掬星台8:20/8:50→六甲ガーデンテラス11:05→六甲山12:05/12:25
→下山口12:50→丸山14:10→塩尾寺15:25→宝塚16:00

所要時間 18時間 二人 縦走

20:01 本州の山 | (0) | (0) | 


六甲全縦(兵庫県) 

2016年11月06日 ()
2週間ほど前、福岡の岳友Y氏よりお誘いの電話があり

乗っかる事にしました。が、夏の遠征以降何かと忙しく

トレーニング不足は否めません。

11月4日、夕方博多駅でY氏と合流。新幹線で新神戸へ。

神戸の友人と3人で夕食を済ませ、スタート駅へ移動。

須磨浦公園駅を22時、いよいよ二人でスタートします。
六甲全縦全体コース

結果、前半は市街地で暗闇の中、若干道を探しながら

明け方は寒さに耐え、明るくなってくると疲れた体に鞭打ち

後半は快晴の中快調に歩き、下山はくたびれ果てましたが

16時宝塚へ無事下山。 完歩する事が出来ました。

下山後は温泉に入り、夜の新幹線で博多に戻り

高速バスで移動し24時前には自宅に帰って来ました。

0泊2日の弾丸山行きツアーでした。

所要時間 18時間 二人 縦走


帰宅翌日の今日も、後遺症もなく感謝です。

思い出に残る山行きがまた一つ増えました。


16:55 本州の山 | (0) | (0) | 


南アルプス北部縦走⑥ 

2016年08月16日 ()
6日目

今日は下山のみ。気が楽です。
南ア北部縦走6日目

周りが騒がしいのにつられ夜明け前には目が覚め、出発の準備をします。

Tさんより、お先に三伏峠から下る事にしました。
DSCN2107.jpg

登って来た山々が朝日に輝いています。
DSCN2123.jpg

塩川小屋へのルートは通行止め。
DSCN2128.jpg

鳥倉登山口まで後30分。
DSCN2132.jpg
登山口へ無事下山。

バスの時間まで、テントなど濡れた物を乾かす事にしました。

日当たりの良い所まで行き、乾かしながらのんびり過ごします。
DSCN2138.jpg

登山口へ戻り、南アルプス北部縦走、終了です。
DSCN2139.jpg
バスを待つ人々。

コースタイム
三伏峠5:15→鳥倉林道登山口7:20

所要時間  2時間5分 単独 縦走

Tさんとも合流。9:10発のバスで下って行き、終点の松川インターへ。

インターからタクシーに乗り(1000円)、清流苑へ。

歩いても20分程で行けるようですが炎天下では辛い。

温泉(400円)と食事を摂り、午後の高速バスで名古屋に出て、山旅の終了です。

Tさんとはここでお別れです。

4日間お付き合い、ありがとうございました。

一人では挫折してたかも知れない今回のコース取り。

引っ張っていただき、理想的な縦走が出来ました。

今回は天候には恵まれませんでしたが、多くの登山者と言葉を交わし

多くの刺激を受けて帰ってきました。

諸先輩の様に益々トレーニングに励み、少しでも長く登山が出来るよう

精進したいと思います。

終わり

17:23 本州の山 | (0) | (0) | 


南アルプス北部縦走⑤ 

2016年08月15日 ()
5日目

Tさんを待たせないようにと、早めの行動を心掛けたのですが

待たせてしまいました。
南ア北部縦走5日目
今日も長丁場、頑張りましょう。

熊ノ平小屋から樹林帯を登って行きハイマツ地帯へ。

稜線に出ると、快晴。行く手には塩見岳までの稜線が横たわっています。
DSCN2040.jpg

ハイマツが朝露で濡れるので、途中で雨具を付けます。

安倍荒倉岳の三角点もうっかり見過ごしてしまったようです。残念。

大したことでは無いのですが、こうゆうところが単独行と

そうではない所の違いでしょうね。

塩見岳も近くなって来ました。
DSCN2045.jpg

振り返って見る歩いて来た山々。
DSCN2052.jpg

新蛇抜山は中腹を巻き通り過ぎます。

一旦大きく下り、急斜面を登り返すと北荒川岳です。
DSCN2053.jpg
目の前にどっしりと構える塩見岳。

北荒川岳山頂の三等三角点伊那荒倉と塩見岳。
DSCN2068.jpg
(ちなみに伊那荒倉岳山頂の三角点名は三等三角点荒倉岳です)

下って行き旧キャンプ場跡。
DSCN2075.jpg

その先のお花畑と塩見岳。
DSCN2077.jpg

塩見岳の下まで来ました。ここから急斜面の登りが続きます。
DSCN2078.jpg

リズムよく急斜面を登り続け蝙蝠岳への分岐点に到着sます。
DSCN2079.jpg
蝙蝠岳への稜線は一度は歩きたいルート。次回は予定に入れます。)

ガスが湧いて来ました。
DSCN2081.jpg

ガスの中、塩見岳東峰に到着します。
DSCN2083.jpg
こちらが塩見岳最高峰。

三角点は西峰にあります。
DSCN2087.jpg

二等三角点塩見山。
DSCN2090.jpg

近くには「御料局三角点」もあります。
DSCN2093.jpg

ガスの中、山頂で昼食を取り、三伏峠へ向かい下山開始です。

岩稜帯を慎重に下り続け、塩見小屋へ立ち寄ります。

昨年は建て替えで休業していて、今年から真新しい山小屋になっていました。

山小屋のオーナーも変わっていて、以前の事情は分かっていないようでした。
(寄付したゴザも、もうないようです。)

天気は下り坂、樹林帯へ下り三伏峠を目指します。

本谷山手前で雨が降り出しました。

雨具を着け、本谷山山頂。
DSCN2099.jpg
三等三角点黒川があります。

本降りの中、水たまりを避けながら、長く感じた登山道を進んで行きます。

三伏山から下って行き、やっと三伏峠へ下って来ました。
DSCN2105.jpg

今日のテン場。
DSCN2101.jpg

ずぶ濡れになったので、予備の衣類に着替えさっぱりしました。

夕方には霧も晴れ、青空が覗いて来ました。

外に出て、テン場の登山客3,4人とひとしきり山談義。

楽しいひと時でした。

コースタイム
熊ノ平小屋4:55→安倍荒倉岳5:38→新蛇抜山分岐6:31→
北荒川岳7:40/8:00→蝙蝠岳分岐9:24→塩見岳10:05/10:30→
塩見小屋11:25→本谷山13:15→三伏山14:05→三伏峠14:25
(水場往復30分)

所要時間 9時間30分 二人 縦走

明日は下山のみ。今宵はそれなりの一人晩餐会でした。

21:50 本州の山 | (0) | (0) | 


南アルプス北部縦走④ 

2016年08月14日 ()
4日目

朝食もそこそこに、日の出を山頂で迎える為4:15仙丈小屋を出ます。
南ア北部縦走4日目

快晴とはいかず、日の出の時間となりましたが太陽は顔を出してくれません。

仙丈ヶ岳の三角点と甲斐駒方面。
DSCN1982.jpg

左奥に富士山、北岳、間ノ岳。標高NO1,2,3の揃い踏みです。
DSCN1980.jpg

山頂滞在もそこそこに、仙塩尾根縦走の始まりです。

目の前の大仙丈ヶ岳を登り返します。今日もTさんと同行します。
DSCN1986.jpg

朝日に照らされた大仙丈ヶ岳山頂。
DSCN1987.jpg

西の方には中央アルプスが横たわっています。
DSCN1991.jpg

仙塩尾根の縦走路を下って行きます。
DSCN2000.jpg

両俣小屋分岐点の野呂川越まではアップダウンしながら下って行きます。

高度を下げ、美しい樹林帯を進みます。
DSCN2010.jpg

伊那荒倉岳はうっかり通り過ぎてしまい三角点も確認出来ませんでした。

下って行き高望池。涸池です。

独標を過ぎ横川岳。
DSCN2016.jpg

下って行き野呂川越、両俣小屋への分岐点です。
DSCN2017.jpg

進むコースを考えました。

まだ9時過ぎ、天候はもう少し持ちそうです。

熊ノ平小屋まで行くというTさんに同行する事にしました。

少し登った所に三等三角点横川岳が登山道脇にあります。
DSCN2020.jpg

ここからは登りが続き、三峰岳(みぶだけ)へ向かいます。

野呂川越から約三時間、きつい登りで三峰岳に到着します。
DSCN2023.jpg

間ノ岳は雲の中。

一息入れ熊ノ平に向け下山開始です。

雲間から農鳥岳へのトラバース道を確認できます。
DSCN2026.jpg

ガレ場を下って行き三国平。
DSCN2028.jpg
農鳥岳からの道が合流しています。

樹林帯に入り熊ノ平小屋が見えて来ました。
DSCN2030.jpg

この辺で今日もぱらぱらと降って来ます。

雨もここまで持ってくれました。

井川越手前のお花畑。
DSCN2032.jpg

小雨の中、熊ノ平小屋に到着。

テント受付とビールを購入。

小屋から少し戻った所のテントスペースに、雨が止んだのを見計らい設営。
DSCN2033.jpg
すぐ横に水場もあり便利な所です。

同行しているTさんは小屋泊まりです。

小屋に出向き、明日の出発時間を確認。ついでにビールをまた購入。

時には激しく降る雨の中、テント内でのんびり過ごしました。

コースタイム
仙丈小屋4:15→仙丈ヶ岳4:40→大仙丈ヶ岳5:17→高望池7:22→
横川岳8:45/8:55→野呂川越9:10→三峰岳12:12/12:25→
三国平13:09→井川越13:30→熊ノ平小屋13:40

所要時間  9時間25分 二人 縦走

明日の晴天を願いつつ早めにシュラフに潜り込みました。

21:19 本州の山 | (0) | (0) | 


TOP | NEXT