TOP | NEXT

御前岳のキツネノカミソリ 

2017年08月01日 ()
7月30日

土曜日に岳友から、今が盛りとの情報を得て早速行って来ました。
御前ルート2

北側の田代登山口から登ります。
DSCN4253.jpg

最初はコンクリート道を登って行きます。
DSCN4256.jpg

砂防ダムを過ぎると登山道になり、早速お目見え。
DSCN4257.jpg

案内板の周りはキツネノカミソリの群生地。
DSCN4265.jpg

ここからは暫く群生地が続きます。
DSCN4269.jpg

DSCN4271.jpg

途中、湧水源に立ち寄り、登って行っても、まだまだ続いています。
DSCN4275.jpg

DSCN4285.jpg

DSCN4290.jpg

見上げると
DSCN4293.jpg

キツネノカミソリ鑑賞会が終わると田代岩屋への分岐点に着きます。
DSCN4307.jpg

田代岩屋。
DSCN4309.jpg

ここからの後半は、ちょっと遊ぶ事にします。

一般登山道を外れ三角点を目指す事にしましす。

斜面をトラバース、尾根に出ると釈迦岳方面が望めます。
DSCN4313.jpg

鞍部に出てひと登りで三角点です。

四等三角点岩ノ下。
DSCN4322.jpg

尾根沿いを御前岳へ向かう事にします。

尾根沿いは、たまには踏み跡を辿り

最後、頂上直下は、強烈な藪漕ぎを強いられ

山頂に到着します。
DSCN4324.jpg

昼食を摂り、一気に下山して行きました。

コースタイム
田代登山口8:40→湧水源9:05→田代岩屋9:35→四等三角点岩ノ下10:35
→御前岳山頂12:25/12:35→下山13:20

所要時間 4時間40分 単独 周回 往復


秋にはまた来てみよう。


06:17 福岡県の山 | (0) | (0) | 


地島縦走(福岡 玄界灘) 

2016年03月16日 ()
玄界灘に浮かぶ地島(じのしま)へ行って来ました。
全体ルート
宗像大社近くの神湊港から船が出ています。

ここの港には2回目の訪問です。前回は大島、沖ノ島に渡りました。

地島ルート

船は少し揺れながら泊港に到着します。
IMG_6633.jpg
この時期、地島には自生のヤブ椿が咲いていて散策気分で出かけました。

が、パンフレットを眺めていると一般ルート以外に面白いルートがいくつかありそうです。

港から、遠見山遊歩道に入り大敷展望台へ。
IMG_6635.jpg

ここから柵を乗り越えて猿毛山を往復します。

ルートはありませんが尾根上は歩き易く、古いテープもあります。

時期的に、椿には少し遅かったようですがちらほら咲いています。
IMG_6639.jpg

IMG_6636.jpg
猿毛山山頂の大木。

展望台へ戻り、遠見山へ長い階段を登って行きます。
IMG_6641.jpg
山頂には三等三角点地島があります。

眺めも良く、向こうには祇園山も見えています。

ここからは、遊歩道を降り、車道を歩き倉瀬遊歩道へ向かう予定でしたが

それでは面白くなく、時間的にも余裕があるので

尾根伝いに祇園山へ縦走してみたいと思います。

展望台から遊歩道を外れ尾根沿いに下って行きます。

大した藪漕ぎもなく鞍部に降りて来ました。
IMG_6647.jpg
鞍部は湿地帯となっています。

アップダウンを繰り返し祇園山へ向かいます。

ヤブ椿もちらほら。
IMG_6652.jpg

歩き易い縦走路。
IMG_6654.jpg

思ってた時間より早く、祇園山に到着しました。
IMG_6658.jpg

近くには祠も祭られています。
IMG_6704.jpg
ここからは登山道があり、下って行けますがここは

このまま、尾根沿いを倉瀬展望台方面へ下ってみたいと思います。

途中の広い尾根。
IMG_6662.jpg

下って行き、藪が濃くなり出した頃、いきなり展望が開けます。
IMG_6664.jpg
少し下には倉瀬展望台、向こうの島は大島です。

眺めを堪能していると、登山者が一人上がって来られました。

暫くお話し、先に降ります。

ここからは遊歩道までは踏み跡が続いていて、

遊歩道に出るとすぐに展望台です。
IMG_6670.jpg

岬の先端の三角点探訪の時間もありそうです。

遊歩道から岬に向け藪に入ります。

途中から踏み跡に出合い、辿って行くと海岸へと続いていました。
IMG_6676.jpg
フィックスロープがあり、磯釣り用の海岸に降りるルートでしょうか。

再び藪に入り、岬の先端に向かいます。

下って行き、海岸に降り立ちます。
IMG_6679.jpg

一段高い所に四等三角点野尾瀬はありました。
IMG_6685.jpg

帰りは踏み跡に出て、辿って行くと遊歩道に出て来ました。
IMG_6689.jpg

帰りの白浜港までのんびりと下って行きます。

この辺もヤブ椿が群生しています。
IMG_6694.jpg

途中、祇園山への登山口があったので、再び祇園山を往復してみます。

登山道は階段状に整備されています。
IMG_6697.jpg

縦走時には気づかなかったが、山頂手前には鳥居があります。
IMG_6698.jpg

下山後白浜へ向かう途中、望む遠見山。
IMG_6708.jpg

今日は気候もよく、港には多くのハイカーが戻ってきます。

白浜港からは、穏やかになった海を船に揺られながら神湊港へ戻って行きました。
IMG_6709.jpg

コースタイム
神湊港10:05(船)→泊港10:20→大敷展望台10:37(猿毛山往復20分)10:57→
遠見山11:03→祇園山11:44/11:52→倉瀬展望台12:18→
四等三角点野尾瀬12:38→祇園山登山口12:55(祇園山往復16分)13:11→
白浜13:30  白浜港14:10(船)→神湊港14:35

所要時間  3時間10分 単独 縦走周回コース

今日はうららかな春を感じながら歩いた山行きでした。

20:31 福岡県の山 | (0) | (0) | 


剣岳(鞍手町) 

2016年03月10日 ()
途中下車して九州自動車道、鞍手IC近くの剣岳に行って来ました。
くらてルート
名前に引かれて訪れました。

山頂一帯は、剣岳城跡の公園になっていて整備されています。

駐車場から遊歩道を登って行くと展望台があります。
IMG_6509.jpg

脇の、菜の花の中に三角点がありました。
IMG_6496.jpg

三等三角点剣岳です。
IMG_6501.jpg

所要時間  25分 往復


今日は訪問先の近くの三角点も二ヶ所訪問。

四等三角点二反ヶ浦
rrr

公園内にあります。
IMG_6471.jpg
マンホールの蓋が開かず。

三等三角点油田
ttt

廃屋の裏手にありました。
IMG_6477.jpg

今日はここまで。

21:57 福岡県の山 | (0) | (0) | 


油山(福岡市) 

2016年03月03日 ()
麓まで行ったので寄って来ました。
油ルート

油山には初めて登ります。

「市民の森」に車で入るには入場料300円が必要でした。
IMG_6259.jpg

今日は暖かく、駐車場で半袖に着替え登ります。

良く整備された登山道を登り稜線へ出て、山頂へ向かいます。
IMG_6267.jpg
山頂は西側方面の展望が開けていて市街地が望めます。

三角点方面へ登山道を引返します。

次のピークに三角点がありました。
IMG_6277.jpg
二等三角点油山です。

今日は時間がないので次の分岐点から下ります。
IMG_6279.jpg

急斜面の階段を下り、途中の中央展望台へ上がってみました。

福岡市街地方面です。
IMG_6286.jpg

平日ですが登山者も多く市民に愛されている山のようでした。

コースタイム
駐車場14:35→油山15:11/15:17→二等三角点油山15:30
→中央展望台15:50→駐車場16:00

所要時間 1時間25分  単独  周回コース




20:57 福岡県の山 | (0) | (0) | 


大岳 小岳(福岡市)低山 

2016年02月05日 ()
海の中道にある大岳小岳を登って来ました。
大岳小岳

福岡でも1番と6番の低山です。

大岳神社鳥居の脇に駐車します。
IMG_5598.jpg

石段を登って行き、108段かと思ったら109段ありました。
IMG_5595.jpg

山頂から、反対側に下って行くと周回道になっていて山頂に戻って来ました。
IMG_5596.jpg

大岳下山後、小岳へ歩いて行ってみました。

学校を回り込み小岳神社鳥居。
IMG_5599.jpg

神社の裏山へ登り小岳山頂です。
IMG_5600.jpg

所要時間  30分  往復

22:38 福岡県の山 | (0) | (0) | 


城山(花立山)小郡市 

2016年02月02日 ()
小郡市唯一の山だとか。

県道沿いに「花立山」の案内板があります。
ルート

脇道に入り、すぐに城山公園の駐車場があります。

堤の脇を通り登って行きます。
IMG_5513.jpg
長い階段を登り切ると山頂です。

山頂には日方神社があり、展望台もあります。
IMG_5516.jpg

左奥の登り返した所に愛宕神社があります。
IMG_5525.jpg

二等三角点城ノ山はその裏手にありました。
IMG_5524.jpg

下りはちょっとだけコースを変え降りて行きました。

所要時間 30分 単独 往復。

23:13 福岡県の山 | (0) | (0) | 


大将軍山(筑豊地方) 

2016年02月02日 ()
筑豊地方、桂川町の大将軍山です。
d
R200号線、天道駅近くにあります。

山頂近くまで車道が走っていました。

5分も歩くと山頂広場に到着します。
IMG_5506.jpg
広場の真ん中に二等三角点大将軍山がありました。

22:45 福岡県の山 | (0) | (2) | 


COMMENT

Re:   yatu様
山名は大将陣山、三角点名が大将軍山でしたね。

  匿名
大将陣山では?

コメントを閉じる▲

岩戸山古墳(筑後地方) 

2016年01月20日 ()
筑後地方の三角点を二つ。
ルート

九州自動車道の広川SA脇の三角点。
IMG_5278.jpg
雪が降る中、道路脇に三角点を見つけました。

三等三角点辻峠。
IMG_5275.jpg

続いて岩戸山古墳の三角点。

新しい資料館の駐車場から前方後円墳をひと登り。
IMG_5287.jpg

丁度、夕日が差し込んで来ました。
IMG_5292.jpg
三等三角点吉田山。

帰りには八女市岩戸山歴史文化交流館にも立ち寄り

九州オルレの資料を入手しました。
IMG_5300.jpg
ぼちぼち、訪ねてみよう。




22:03 福岡県の山 | (0) | (0) | 


矢留山、馬ヶ岳(豊前地方) 

2016年01月18日 ()
福岡県は豊前地方の山を二つほど。
るーと2

まずは矢留山。
IMG_5233.jpg
清地神社から登ります。

参道の石段を登って行きます。
IMG_5234.jpg

本堂。
IMG_5245.jpg
左側に回り込み、裏山を登って行きます。

杉林は間伐材に埋められていて乗越ながら登って行きます。

自然林に入り、テープに沿って登って行くと山頂。
IMG_5240.jpg
三等三角点矢留山があります。

所要時間 30分 往復。



続いて馬ヶ岳。

参道入口脇には駐車場があります。
IMG_5248.jpg

黒田官兵衛ゆかりの地らしい。
IMG_5268.jpg

案内板。
IMG_5252.jpg

参道を登って行き
IMG_5251.jpg
神社の左側から整備された登山道を登って行きます。

今日は冷え込んでいて、途中霰が降って来ました。

尾根に上がると左手が本丸(西峯)、馬ヶ岳山頂。
IMG_5256.jpg

戻り、二の丸(東峰)へ。
IMG_5259.jpg
こちらに三角点があります。

貫山方面の眺め。
IMG_5261.jpg

夕暮れ時、足早に戻って行きました。

所要時間 35分 往復。

今夜は九州北部地方は積もりそうです。








22:50 福岡県の山 | (0) | (0) | 


足立山、陣ケ尾周回(北九州市) 

2016年01月09日 ()

最近、よく登っている足立山から少し足を延ばしてみました。
ルート

登山口は何時もの所。

登って行き小文字山山頂からの眺め。
IMG_4968.jpg
今朝は寒い北九州市街地、今日はちょっと体が重たい。

早朝でもないので登山客ともすれ違います。
IMG_4970.jpg
足立山山頂にも二人の先客、挨拶だけして先に進みます。

アップダウンを繰り返し沼分岐へ。

その先のピークから縦走路を外れ陣ケ尾へ向かいます。
IMG_4974.jpg
暫くは防火帯沿いに進みます。

防火帯は国防省の敷地内です。

一応、立入禁止なので隣の樹林帯を歩きます。

尾根上にはテープが所々あり辿って行きます。(途切れる所もあります)

途中で防火帯とは別れ、結構なアップダウンを繰り返し陣ケ尾山頂。
IMG_4981.jpg
三等三角点陣ケ尾。

標石です。
IMG_4982.jpg

北方向の団地方面へ向け下って行きます。

途中から水路が現われて来ました。
IMG_4984.jpg
水路を辿って行くと団地脇の擁壁上に到着します。

降り口を探しながら迂回します。

階段があり降りて行くと扉が閉まっている出口に到着します。
IMG_4988.jpg

鍵が架かっており、扉を乗り越して道路に降り立ちました。

後は、車道を歩き駐車場まで戻って行きました。

コースタイム
駐車場8:00→小文字山8:27→足立山9:20→沼分岐9:55→
P336 10:31→陣ケ尾11:12→下山11:37→駐車場12:05

所要時間 4時間5分 単独 周回コース


陣ケ尾からの下りがスムーズにいきませんでした。

又、訪れる機会があれば次回は陣ケ尾から南西の尾根を辿り

九州石鎚大権現社方面へ下山してみたいと思います。



22:05 福岡県の山 | (0) | (2) | 


COMMENT

Re: 陣ケ尾  エクシードkazu
> ケルン様
コメントありがとうございます。
陣ケ尾からの下山(あるいは取付き)ルート取りにご注意ください。
別角度から見る足立山も良いですよ。

陣ケ尾  ケルン
KAZUのYOMO山話さんこんんちは

小文字山より足立山から陣ケ尾の周回コース、興味を持って
拝読させて頂きました。
近くに住みながら知りませんでした、近々訪ねたいと思います。
有難うございました。

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT