TOP | NEXT

1986年(S61年)33歳 

1986年04月11日 ()
1986年(S61年)32歳

春には由布岳の山開き、長女を背負って出かけました。
no7 030

夏には北アルプス、槍穂高周辺へ。
no2 051

no2 050

no2 047
3人で出かけました。

この年の12月には長男誕生。
ccc.jpg


23:21 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1985年(S60年)32歳 

1985年04月11日 ()
1985年(S60年)32歳

8/18~22
北アルプス(剣岳)
no2 016

no2 017
男3人で登って来ました。

秋にはくじゅう(黒岳)
no2 018

その他、子供中心の生活でしたね。
3 006

3 011
22:58 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1984年(S59年)31歳 

1984年04月11日 ()
1984年(S59年)31歳

長女が生まれた年、さすがに山へ行く回数も減って来ます。

阿蘇
ねこ

あそ

6月には長女が誕生。
omiyamairi.jpg

それでも暮れには仲間と北アルプス。

燕岳。
no2 025

向こうには槍ヶ岳。
no2 023

no4 009

no2 021


22:40 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1983年(S58年)30歳 

1983年04月11日 ()
1983年(S58年)30歳

結婚から大分勤務、2年目になります。

由布岳
2017022803 027

くじゅう
2017022803 035

5月には大崩山。
大崩

山仲間とミヤマキリシマ鑑賞(くじゅう)
hh

夏は山仲間と遠征、北アルプスへ。

槍~穂高縦走
no4 014

穂高山荘前。
no4 026

秋には由布岳。
201701 019

変わらず山登り、続けています。
22:08 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1982年(S57年)29歳 

1982年04月10日 ()
1982年(S57年)29歳の頃

身を固める年になりました。

正月は八ヶ岳。
no5 011

no5 009

4月には結婚し

5月には二人で屋久島。
2017-03-16_13.jpg

8月には新婚旅行でヨーロッパアルプス。
2017021303 008

3週間に渡り、シャモニ、ツエルマット、グリンデルワルトと周って来ました。

全てガイド(日本人)付きで登山、ハイキングを楽しんできました。

最初に訪れたシャモニでは、初っ端からモンブラン登山。
モンブラン

天候不順で途中で一泊したグーテ小屋までで敗退。

登山の合間にはメールドグラス氷河などハイキング。
2017021301 040

その後、エギーユ・デュ・ミディ展望台からモン・ブラン・デュ・タキュルへアタック。
midi

後はエギーユ・デュ・ミディ展望台。
2017021301 025

しかし、ここも悪条件が重なり途中敗退。

それでも、ヨーロッパの雪山を満喫します。
2017021301 032



ツェルマッタへ移動。

ここではマッターホルンとモンテローザに登頂出来ました。

まずはモンテローザ、スイスの最高峰です。
2017021301 053
途中の山小屋で一泊し登って来ました。

下山途中
2017021301 057

ハイキング
湖


続いて、マッターホルン。
2017021301 073

家内はヘルンリ小屋まで。
ヘルンリ小屋

翌日、早朝からガイドとマッタ―ホルンへアタック。
2017021302 012
山頂からの眺め。

マッターホルン山頂。
2017021302 019

下山後、ヘルンリ小屋での至福の時間。
2017021302 020



登山基地三つ目は、グリンデルワルト。

ここではアイガーの隣に位置する、メンヒにへアタック。
2017021302 040

2017021302 038

メンヒ山頂、ガイドリーダーの山崎友和さんと。
2017021302 045

あちこちハイキング。
2017021302 051


シャモニ、ツェルマッタ、グリンデルワルトに一週間づつ滞在し

最後はルツェルンにも立ち寄り
2017021303 002

チューリッヒ空港から帰国しました。


そんな、新婚時代でした。


22:55 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1981年(S56年)28歳 

1981年04月10日 ()
1981年(S56年)28歳の頃

この頃も山一筋でした。

大きなところで、正月は南アルプス、甲斐駒仙丈。
2017-03-20_52.jpg

山頂で
2017-03-20_44.jpg

こんな駅にも立ち寄ってみました。
2017-03-20_23.jpg

8月には北アルプス、後立山縦走。

後に家内となる人と八方尾根~針の木縦走。
2017021601 024

2017-03-20_7.jpg

2017-03-20_18.jpg

秋には立山などにも出かけていました。

21:20 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1980年(S55年)27歳 

1980年04月05日 ()
1980年(S55年)27歳の頃

九州管内、あちこちで仕事していました。

そんな中、北九州で山仲間が出来、一緒に登るようになりました。
2017021403 006

2017021501 005

2017021601 049

この時期の山仲間とも心置きなく楽しみました。

22:07 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1979年(S54年)26歳 

1979年04月05日 ()
1979年(S54年)26歳

この頃の写真はあまりありません。

5/3~8日 八ヶ岳春合宿
2017021104 032

赤岳鉱泉にベースキャンプを設け登っていました。
2017021104 035

8/9~13 後立山縦走(北アルプス)夏合宿
2017021104 037

この頃は、所属していた東京のS田山の会に合流していました。
2017021104 039

8/14~18 槍穂高縦走(北アルプス)
夏合宿の翌日から単独で登ってたようですね。
2017021104 041

2017021104 042
バイタリティーあったな~。


21:44 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1978年(S53年)25歳 

1978年04月05日 ()
1978年(S53年)25歳

本社(東京)研修2年目。

1/16 三ツ峠山

2月 皇居一周、会社の有志で走っていました。
2017021104 002

2/16 丹沢
2017021104 005

2/19 丹沢
2017021104 006

5/2~5 奥秩父縦走
2017021104 009

7/30~8/2 白根三山縦走(南アルプス)
2017021104 012

北岳山頂
2017021104 014

8/12~14 白馬岳
2017021104 019

秋口には東京での研修期間も終了、熊本に帰ります。

この1年半の東京生活が、現在の私の礎となっています。

最初の尾瀬バスツアーで知り合い一緒に登ってくれる彼女も出来、

充実した1年半の東京での青春時代でした。

(彼女とはその後泣く泣く別れましたけど)

熊本に帰り、高校時代の学友と
9/15~17 霧島連山縦走
2017021104 022

後は桜島
2017021104 024

11/3~5 くじゅうテント泊
2017021104 028

ひとりで行ったのかな?
2017021104 027


そんな1年でした。

21:29 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


1977年(S52年)24歳 

1977年04月02日 ()
高校を卒業後5年間は前職で頑張って来ましたが

わけ合って退職、運よくすぐに今の会社に就職しました。

4月の事でした。

5月から、本社がある東京で2年間の研修です。

この時期から、本格的に山にはまって行きます。

6/24~26 尾瀬(バスツアー)
7/22~24 尾瀬(バスツアー)
20170211 015

7/31    谷川岳
20170211 018

この頃、誘われて墨田区で山岳会を立ち上げました。
(山岳会の創設のメンバーでした。)
現在も(H29年)なお山岳会は存続しています。

8/13.14  富士山
8/19~21日 八ヶ岳縦走
20170211 023

9/3.4   那須連山
10/1、2 谷川岳縦走
10/7~10 北アルプス(涸沢~前穂)
20170211 032

20170211 036

11/30  秩父縦走
11/2、3 谷川岳縦走
11/5、6 白根山
11/12.13 雲取山縦走

大まかな所(写真があるの)はこんな所ですが

実際は毎週出かけていました。

12月暮れから翌年正月にかけ木曽の旅でした。


21:49 写真のデジタル化 | (0) | (0) | 


TOP | NEXT