TOP | NEXT

北谷登山口からスズコヤ岩峰周回(祖母山系) 

2018年05月06日 ()
5月5日

岳友の案内でスズコヤ岩峰を訪ねて来ました。
DSCN6929.jpg
縦走路から見たスズコヤ岩峰。

スズコヤルート

連休後半、北谷登山口は満車。少し手前に駐車しスタートします。

風穴コース方面への登山道に入ります。
DSCN6854.jpg

登山道途中、風穴方面へは曲がらず、トラロープを潜り抜け直進。
DSCN6859.jpg

沢に降りて行きます。
DSCN6867.jpg

ルートを探しながら進んで行きます。

大谷川本谷とスズコヤ谷間の尾根に取付きます。

ご多分に漏れず、ここも涸れかかったスズタケを掻き分けながら

登って行きます。
DSCN6875.jpg

シャクナゲがちらほら
DSCN6871.jpg

アケボノツツジもちらほら
DSCN6886.jpg

尾根を詰めて行き
DSCN6891.jpg

スズコヤ岩峰基部に到着し、岩峰を往復します。
IMG_3905-S.jpg
(写真はS本様提供)

基部で昼食。

縦走路に向け登って行きます。

この辺りから、アケボノツツジも、何とかまだ見頃です。
DSCN6920.jpg

祖母山方面。
DSCN6922.jpg

縦走路に出ました。

縦走路を、祖母山方面へ進みます。

先ほど登って来たスズコヤ岩峰を望む。
DSCN6924.jpg

シャクナゲ園を過ぎた辺りで、縦走路を外れ

北谷方面の尾根を降りて行きます。
DSCN6946.jpg

尾根途中の展望岩からの眺め。
DSCN6950.jpg
目の前にはスズコヤ岩峰。

記念撮影。
s-DSC06946.jpg
(写真はA山様提供)

下って行くとシャクナゲの群落地。ちょっと遅かったようです。
DSCN6961.jpg
ここはシャクナゲが多く、別名「シャクナゲ尾根」と呼んでいます。

忠実に尾根を下り
DSCN6969.jpg

尾根の末端で沢を渡ると踏み跡があります。

後は踏み跡を忠実に辿り、北谷登山口へ戻って行きました。

コースタイム
北谷登山口8:50→風穴分岐9:10→尾根取付き10:53→
スズコヤ岩峰11:25/12:25→尾根出合13:24→縦走路分岐14:22
→展望岩14:43→沢出合15:20→登山口16:15

所要時間 7時間25分 7人 周回コース


私自身、一般ルート以外は初めて踏み込む山域でした。

案内、ありがとうございました。

もう何回かは、通ってみようと思います。


22:00 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


宇土内から鹿納山周回(大崩山系) 

2018年05月01日 ()
4月29日

昨日の14人のメンバーから、日帰り組を除く10人で登ります。
鹿納宇土内周回ルート

ほぼ満車に近い宇土内登山口を過ぎ、空スペースに駐車します。
DSCN6683.jpg

今日は、林道奥の鹿納山登山口から登ります。

渓谷美を眺めながらの林道歩き。
DSCN6684.jpg

途中、日隠山登山口の案内板があります。
DSCN6690.jpg
前回この辺りから日隠山に登った時以来の再訪です。

1時間程の林道歩きで鹿納山登山口に到着します。
DSCN6693.jpg

態勢を整え登りにかかります。

縦走路に一気に上がっている尾根、鹿納坊主も見え出しました。
DSCN6696.jpg

ミツバツツジ
DSCN6720.jpg

アケボノツツジ
DSCN6708.jpg
途絶える事無く、楽しませてくれます。

昨日に続き、今日も快晴。
DSCN6739.jpg

縦走路に出ると一段と色鮮やかな景色が待っていました。

山肌がピンクに染まる鹿納坊主。
あきやま1
(写真はS田様提供)

縦走路を鹿納坊主へ向かいます。
DSCN6762.jpg

IMG_2018_04_29_9882_R.jpg
(写真はS田様提供)

DSCN6766.jpg
撮影タイムが長く、なかなか先へ進みません。

鹿納坊主は不安定な岩場を登り、頂へ。
DSCN6787.jpg

狭い山頂、後のグループと入れ替わるように慎重に下山します。

縦走路を戻ります。

途中、権七小屋谷を下り中瀬松谷を登り返す予定でしたが

急斜面のガレ場が不安定なので、大勢では危険と判断し

水場辺りから引返し登り直しです。

縦走路を普通に大崩山方面に向かいます。
DSCN6794.jpg
振り返り鹿納山(鹿納坊主)

お花見しながら昼食タイム。
DSCN6801.jpg

大崩山方面へ縦走路を進みます。
DSCN6813.jpg

大崩手前で上鹿川コースを宇土内登山口方面へ下ります。

こちらの尾根沿いもお花が満開です。
DSCN6840.jpg
向こうには鹿納坊主。

ミツバツツジの群落。
DSCN6850.jpg

動画でどうぞ。


満足感に浸りながら下山。

最後は荒れた林道を20分ほど歩くと、宇土内登山口に到着しました。

コースタイム
駐車地点7:20→日隠山登山口8:09→鹿納山登山口8:30→
縦走路出合9:42→鹿納山(鹿納坊主)11:05/11:25→
縦走路出合13:23→下降点15:32→宇土内登山口17:20

所要時間 10時間 10人 周回コース


仲間が車を取りに行ってる間に、新潟のご夫妻と話し込む。
KIMG1225.jpg
日本100名山を登り終え、

今は乗用車で車中泊しながら、200名山を登り続けているとか。

立派です。無事な山旅をお祈りしています。


大満足な二日間でした。

少々ハードな二日間でしたが落伍者もなく、皆様のパワーには感心します。
(14人のメンバーで私が最年少)
IMG_2018_04_29_9840_R.jpg

リーダーA山様、S田様他大変お世話になりました。

また、楽しい山行企画、宜しくお願いします。


16:07 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


だき山(竹の畑山コース)国見山周回(大崩山系) 

2018年04月30日 ()
4月28日

山仲間14名の大所帯で周回して来ました。
だき国見周回コース
ここの周回コースは2回目。前回はこちら。

近年、整備されたという、竹の畑山コースから登ってみました。

進入林道(下鹿川上鹿川線)は現在工事中の為通行止めです。(入口付近に駐車スペースあり)
DSCN6446.jpg

工事中の林道を抜け、だき山林道に入ります。
DSCN6451.jpg

ここからは少々荒れており、やがて林道も消滅します。
DSCN6457.jpg

登りつ続けると自然林に変わって来ます。
DSCN6466.jpg

稜線も近づいて来たようです。
DSCN6468.jpg

稜線に出ました。
DSCN6471.jpg

皆で記念撮影。
IMG_2018_04_28_9626_R.jpg
(S田様、提供)

竹の畑山は次回訪れる事として、だき山方面へ進みます。

ピークを巻くように登って行くと正面ルートと合流します。

更に登って行くと、ミツバツツジが出迎えてくれます。
DSCN6486.jpg

振り返り、竹の畑山。
DSCN6493.jpg

アケボノツツジもいい感じです。
DSCN6522.jpg

だき山山頂。三等三角点中ノ藪の標石。昼食にします。
DSCN6549.jpg

国見山への稜線もお花に癒されながら歩いて行きます。
IMG_2018_04_28_9711_R.jpg
(S田様提供)

DSCN6571.jpg

DSCN6602.jpg

三差路に到着、国見山を往復します。
DSCN6611.jpg
三等三角点国見山。

鋒岳方面へ下ります。少しルートミス。戻ります。

鬼の目山との分岐点。キャンプ場方面に下ります。
DSCN6628.jpg
途中、ネットを越え林道に出ます。

荒れた林道は、もう一つの鬼の目山登山口辺りで崩壊していて通れません。
DSCN6632.jpg

少し戻り、沢を渡渉し向こう側の林道に出られます。

今日は時間も下がっているので鋒岳は諦め下山する事にします。

下降ルートは2ルートあり、滝見新道を下ります。
DSCN6653.jpg

急坂を慎重に下り沢に降り付くとパックン岩があります。
DSCN6656.jpg

記念撮影。
IMG_2018_04_28_9773_R.jpg
(S田様提供)

下って行き鉾岳大滝。
DSCN6669.jpg

沢沿いから、尾根沿いに変わり下って行き林道に出て、ゴールの鹿川キャンプ場です。

コースタイム
林道入口7:30→稜線9:58→だき山11:42/12:18→
三差路13:50(国見山往復40分)14:30→林道出合15:03→
下降点15:30→パックン岩16:20/16:50→キャンプ場17:45

所要時間 10時間15分 14人 周回コース



回しておいた車に分乗し、民宿(鹿川山荘)へと向かいました。

本日はミツバツツジを14人で満喫ました。

情報では、明日のアケボノツツジも期待できそうです。



21:30 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


赤川浦岳から玄武山縦走(祖母山系) 

2018年04月22日 ()
4月21日

アケボノツツジ鑑賞登山に11人で行って来ました。
ru-tozu.jpg

眺めの良い黒原越の登山口には多くの車が停まっています。
DSCN6279.jpg
目の前には阿蘇五岳の姿。

仲間が下山予定地まで車を回しに行ってる間に、ひと登り。
DSCN6271.jpg
駐車場近くの、四等三角点黒原越を訪問します。

皆揃ったところで縦走開始。ここの縦走は二回目。前回はこちら

早速、あちこちにアケボノツツジ。
akebonotutuji.jpg

白のアケボノツツジもあります。
DSCN6293.jpg

圧巻の共演。
akiyama3_20180422124357cd4.jpg

アップダウンの少ない歩きで赤川浦岳に到着します。
akiyama2.jpg
今日のメンバー。(上二枚の写真はA山様提供)

少し戻り、縦走再開です。

基本下りですが、途中岩峰が行く手を遮ります。

二ヶ所ほど左側に巻いて、下って行きます。
DSCN6332.jpg

途中、昼食休憩を取り玄武山基部に到着します。

ここから山頂までは急斜面の登りになります。

前回は逆コースでしたが、苦労して降りた記憶があります。

が、今日はルートは違いますが要所にテープが着いており辿って登って行きます。

ルートは山頂と三角点ピークの間のルンゼを登り登山道に出ました。
DSCN6361.jpg
玄武山山頂。

戻って隣のピークに四等三角点玄武山があります。
玄武山三角点
(S田様提供)

ここからは登山口へ一気に下って行きます。

途中、玄武城跡で記念撮影。
akiyama1.jpg
(A山様提供)

民家の横の登山口に降りてきて、15分程車道を歩き

車へと、たどり着きました。

コースタイム
(三角点往復 15分)黒原越登山口10:15→赤川浦岳11:20/11:30
→昼食12:25/13:05→玄武山14:30/14:50→登山口16:00
→公民館16:15

所要時間 6時間 11人 縦走

今年はちょっと時期が遅い訪問になりました。

宿題も残ったので、来年も再訪問予定です。


20:10 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


冠岳周回(日向市) 

2015年11月29日 ()
宮崎県北部の山、日向市の冠岳周辺に登って来ました。
23
早朝登山。冠岳へ向かいます。

地図にある橋が崩壊していて少し上流に新しい橋がありました。

始動が遅く(朝寝坊)、制限時間は2時間程。

とっくに明るくなって登り始めます。
IMG_3977.jpg

槍岩方面へ進みます。
IMG_3981.jpg
岩稜帯を登って行きます。途中シビアな所もあります。

途中、山の上から朝日が差し込みます。
IMG_3982.jpg

岸壁の上に出ました。北側の耳川沿い。
IMG_3984.jpg

冠北岳に到着。
IMG_3985.jpg

この先から冠岳へ向かう予定が旗台へ行ってしまいました。
IMG_3987.jpg
四等三角点冠山。

東方面の展望。
IMG_3986.jpg

時間もないのでこのまま周回コースを進みます。
IMG_3988.jpg

途中谷に降り、谷沿いを進み宮ヶ原岳。
IMG_3989.jpg
三等三角点宮ヶ原があります。

下りは暫く尾根沿いを進み、途中で谷に降ります。

下った谷には二段滝。
IMG_3990.jpg

暫く下ると樋口滝。
IMG_3991.jpg

足早に下って行き林道に出ました。
IMG_3992.jpg

小走りに下って行き、予定時間内で駐車場へ戻ってきました。

コンパクトにまとまった、変化に富んだ山域でした。

コースタイム
駐車場6:50→冠北岳7:22→旗台7:34→谷出合7:51→宮ヶ原岳8:06
→二段滝8:30→樋口滝8:30→下山8:39→駐車場8:45

所要時間 1時間55分 単独 周回コース

次回は、今回登れなかった冠岳を含む別コースを歩いてみたいと思います。

21:00 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


唐松山(門川町) 

2015年10月23日 ()
宮崎県北部、門川町の唐松山に登って来ました。
ルート

小松公民館では集会中、声掛けし停めさせてもらいます。

林道へは橋を渡ります。
IMG_3451.jpg

荒れた林道を進みます。
IMG_3435.jpg

途中から林道を外れ尾根に取付きます。

忠実に尾根沿いの踏み跡を辿ります。
IMG_3447.jpg

中継基地?がある山頂に到着しました。
IMG_3442.jpg

二等三角点唐松山です。
IMG_3439.jpg

往路を戻って行きました。

コースタイム
登り 48分(休憩5分)
下り 42分

所要時間 1時間35分 単独 往復






21:59 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


比良山(日向市)他 

2015年10月22日 ()
日向市周辺の三角点を訪ねました。
7

四等三角点原町
IMG_3387.jpg

蛭子児童公園内にあります。
IMG_3390.jpg

四等三角点財光寺
IMG_3397.jpg
財光寺の道路沿いにあります。

四等三角点権現原
IMG_3403.jpg
急斜面を登り、尾根に出て三角点へ向かいました。

尾根伝いに比良山にも登ります。
IMG_3418.jpg
歩き易い尾根沿いの道でした。

所要時間 55分 単独 往復(多良山往復含む)

三等三角点鳥ノ巣
IMG_3420.jpg
シダの密集地の下にあるようです。

探し廻り発見。
IMG_3422.jpg

日向中学校のプール脇から作業道に入り橋を渡った所から

尾根に取付き、往復しました。
IMG_3431.jpg

所要時間 1時間 単独 往復



21:54 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


大崩山域周回三日目 

2015年09月25日 ()
9月22日

今日は明るくなって起き出し、ゆっくり出発します。
3日目

歩きなれた沢を歩き、モチダ谷出合へ。
P1210728.jpg

登山道は沢沿いや、左岸の高台に沿って延びています。

踏み跡、テープを頼りに登ります。
P1210742.jpg
大滝は高巻きます。

途中の滝。
P1210753.jpg

目印は徐々に少なくなり、出合では登る方向を定めながら進みます。
P1210749.jpg

苔むした場所を登って行くと遭難機追悼碑があります。
P1210763.jpg

縦走路までもう少し、最後は少しルートを外れましたが無事登山道に合流。
P1210764.jpg

今回は大崩山頂はパス、下ります。

途中、りんどうが丘経由で坊主尾根を下ります。
P1210778.jpg
りんどうが丘からの湧塚方面。

次回はここ、りんどうが丘でもテント泊したいものです。

小積ダキに立ち寄ります。
P1210790.jpg

ここからの下りは梯子やロープが連続します。
P1210796.jpg

振り返ると小積ダキに取付いてるクライマーも見えます。
P1210799.jpg
P1210800.jpg

橋を渡る。
P1210802.jpg

坊主岩
P1210803.jpg

梯子はいくつも下って行きます。
P1210805.jpg

尾根を下り、下小積谷沿いを下ると祝子川の渡渉地点です。
P1210813.jpg
後続のパーティーとも協力して渡ります。

天候は下り坂、雲がかかって来ました。
P1210812.jpg
河原で最後の休憩。

大崩山荘経由で、無事登山口へ下山しました。

コースタイム
テン場7:05→モチダ谷出合7:40→登山道出合9:50→りんどうが丘10:28→
小積ダキ11:00/11:23→林道分岐12:35→渡渉地点13:05/13:25
→登山口13:55

所要時間 一日目  4時間35分
       二日目  10時間15分
       三日目  6時間50分    二人  周回コース

先週に続き、テント泊山行。
リュックは重たいですが、やっぱり充実していて楽しいですね。

帰りには美人の湯でさっぱりして帰路に就きました。

21:24 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


大崩山域周回二日目 

2015年09月24日 ()
9月21日

今日は大崩山域を周回します。
2

吐野から山荘方面へ少し戻り喜平越谷出合へ。テープに沿って沢沿いを登り続けます。

沢を詰めて行き涸沢なるとテープが2方向に付いています。

沢から逃げ尾根に上がるルートと、沢を詰めるルートです。
P1210629.jpg
沢を詰めるルートを登ります。

その先、最後の詰め。
P1210634.jpg
ここからは尾根に上がり、喜平越へ。

いっきに登り木山内岳山頂。
P1210640.jpg

大崩山方面。
P1210642.jpg
奥は鬼の目山でしょうか。

喜平越へ戻り縦走の始まりです。
P1210643.jpg

ここからは、一般登山道ではないので目印は多くありませんが

尾根を外さないように進めば歩き易いルートです。
P1210648.jpg

要山近くになると岩稜帯となり一部掻き分けながら登ると要山です。
P1210653.jpg
要山の標識はありません。

夏木山を往復します。(往復20分)
P1210657.jpg

五葉岳へは気持ちが良い樹林帯を進みます。
P1210663.jpg

五葉岳山頂。傾山は少々雲に隠れています。
P1210665.jpg
小休止。予定通りに歩けているようです。

加納坊主まで歩きます。
P1210666.jpg

途中のお姫山。
P1210671.jpg

登り返してブナの三差路。大休止です。
P1210679.jpg
この付近で2.3のパーティーと本日初めて挨拶を交わします。

休養を取り、後半戦です。

加納山に近づくとアップダウンが多くなります。
P1210684.jpg
2.3の岩峰を巻くため一旦下り登り返します。

加納坊主へは基部にリュックを置き、往復します。
P1210688.jpg

下って行き、権七小屋谷分岐へ。ここはテン場適地です。

ここからは沢沿いを下って行きます。
P1210698.jpg

五分程下り水場へ。昨年もここまでは降りて来ました。

谷沿いは急斜面が続きます。足場が悪い。
P1210702.jpg
気を緩める事無く、落石、滑落に注意し下って行きます。

基本、谷沿い。目印もそこそこあり下り易い所を選び下って行きます。

傾斜が緩やかになるとルートも巻き道が多くなります。

ただ、ルートははっきりせず、ルートファインティングを要します。

この辺の沢沿いを歩く時、沢靴にするか登山靴にするか迷うところです。

上部はガレ場も多く登山靴で良いでしょう。

中流域以下は沢を楽しむのなら沢靴でしょう。

次回は沢靴で散策したいと思います。

今日は下流域で渡渉も数回ありましたので

途中から沢靴でも良かったのではと思っています。
P1210714.jpg

沢の出合に降り立つと平地が広がります。
P1210710.jpg
下りは下流へ下って行けばいいので迷うことはありません。

登りはそうは行きません。出合でのコース取りが重要です。

中瀬松谷方面。
P1210719.jpg

中瀬松谷、金山谷と下りテン場へと戻って行きました。

今日も一日歩き通せた事に感謝です。

コースタイム
テン場(吐野)5:55→喜平越谷出合6:42→喜平越7:33→木山内岳7:53→
喜平越8:18→P1293 8:49→P1312 9:15→要山9:50(夏木山往復15分)10:10
→五葉岳11:06/11:19→ブナの三差路11:57/12:21→加納の野12:38
→加納山13:20→権七小屋谷分岐13:40→権七小屋谷出合14:45→
中瀬松谷出合15:15→テン場16:10

所要時間 10時間15分 二人 周回コース

テントに戻ってからY田氏は素っ裸になり祝子川で行水しておりました。

私はそこまでの勇気はありません。


夕食も一息つき、川沿いを眺めると本格的な格好をされた二人組が

登って来ます。多分、祝子川を遡行されて来られたのでしょう。

ご挨拶だけしましたが、帰ってから確認出来たのですが

時々、マイブログに訪問して頂いてる「インヤン様」だったようです。奇遇ですね。

人並み外れた彼の体力、行動力には驚くばかりです。


21:30 宮崎県の山 | (0) | (0) | 


大崩山域周回一日目 

2015年09月23日 ()
9月20日

熊本ICでY田様(福岡市在住)と待ち合わせし、登山口には11時前に到着します。

登山口付近にはずらりと駐車してあり隙間に駐車します。
P1210538.jpg

今日は三里河原まで入ります。
1日目

久しぶりに来た大崩山荘。
P1210543.jpg

途中から望む小積ダキ方向。
P1210552.jpg

吐野に到着。瀬戸口谷出合付近で対岸へ渡渉。高台にテントを張ります。

先客が3張りほど、少し離れた場所にテント設営。

午後からは久しぶりに沢靴を履き、三里河原を散策します。
P1210579.jpg

P1210580.jpg

P1210592.jpg

P1210604.jpg

P1210595.jpg

モチダ谷入口も確認し、戻ります。

暗くなるまで外で過ごしました。
P1210612.jpg

コースタイム
登山口11:10→大崩山荘11:45→喜平越谷出合12:45→吐野(テン場)13:45/14:30
→三里河原散策(1時間15分)→テン場15:45

所要時間 4時間35分 二人。

明日の長丁場に備えて早めの就寝です。

20:11 宮崎県の山 | (0) | (4) | 


COMMENT

Re: ご無沙汰しています。  エクシードkazu
> 山の上一番様
私たちが入山した日に下山されたのですね。
13:45に私たちは吐野に到着しています。逆算すると喜平越分岐(喜平越谷出合)辺りで
すれ違っているようですね。テント泊装備の方ともすれ違ったのも覚えています。
私たちは二人ともダブルストックで歩いてたグループです。
失礼しました。
また、どこかでお会いするかも。

ご無沙汰しています。  山の上一番
こんにちは♪
ご無沙汰しています。遅れコメントでスミマセン。
読み返してビックリ12日逆ルートでお会いしているようです。
単独で11日にモチダ谷出会てテン泊し翌12日空見で鹿納山へ
ピストンしテントを回収し吐野12:20、坊主分岐13:45
登山口14:20でしたので喜平越分岐あたりですれ違いのようです。そういえば2人組と2組すれ違いましたのでいづれかですね!ヤフーブログを書かれているアウトドア親父さんとも同所あたりですれ違ったのですが別な組でしょうね?

Re: 祝子川  エクシードkazu
> インヤン様
やはりそうでしたか。
またどこかでお話できたら良いですね。
三里河原、久しぶりに行きました。
暑い時期に沢遊びにまた行きたいと思います。

祝子川  インヤン
覚えてます・・・緑色のテント。テンバの上流側に張ってあったやつですよね?2名ほど男性がいたかと思います。まさかKAZU様だったとは・・・。

私たちは少し上流の右岸台地で泊まりました。あそこでテント張るのは初めてでしたが,最高な場所ですね。

ブログの続きを楽しみにしています。

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT