TOP | NEXT

二等三角点潮尾崎(鹿児島 下甑島) 

2017年05月05日 ()
5月3日

甑島、最後は下甑島唯一の二等三角点を訪ねてみました。
二等三角点潮尾崎ルート

道中から山頂を望む。
DSCN3713.jpg

ここへは、一番近いヘアピンカーブから入り急斜面を這い上がり

途中からトラバースして尾根に出て山頂へ辿るルートを歩く予定です。
DSCN3714.jpg
道路脇のガードレール脇から取付きます。

急斜面を木々に掴まりながら登って行きます。

山頂から延びる尾根の鞍部と同じ高さまで登った所で

トラバースに移り鞍部を目指します。

鞍部辺りから藪漕ぎとなり、また倒木帯も交えて悪戦苦闘しながら登って行きます。

帰りの時間もあるので喘ぎながらも休憩なしで山頂に到着します。
DSCN3715.jpg

おかげで予定の時間内で到着する事が出来ました。

二等三角点潮尾崎の標石です。
DSCN3717.jpg

木々の間から海が見えたりしますが展望は良くありません。

一息入れ再度、藪地帯を乗り越え下山して行きました。

所要時間 1時間10分 単独 往復



以前から構想を練っていた甑島一等三角点探訪がかないました。

今回、最初のテント泊の準備だけして出かけました。

その後の予定は道中で、電話したり、調べたりして決定しました。

この辺は気ままな一人旅の良い所ですね。

一等三角点はもとより、合計7個のピークを踏むことが出来、満足です。

全島、橋で繋がったあかつきには、今度は車で来たいと思います。


21:30 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


口岳(鹿児島 下甑島) 

2017年05月05日 ()
5月3日

本日二つ目の山は口岳。

取付き地点を何処にするか地図を眺めながら決めて行きます。

基本、尾根コース。

等高線が粗く傾斜が緩やかな所。

ということで、今回も取付地点を決めました。
口岳ルート

廃棄物処理場の入り口脇に駐車し

対岸の斜面に取付きます。
DSCN3695.jpg

直ぐに急斜面、尾根に出て登って行きます。

酷い藪漕ぎもなく順調に登って行くと登山道らしき踏み跡に出合います。
DSCN3697.jpg

辿って行くと傾斜も無くなり広い尾根を進みます。

所々踏み跡が現われて、山頂付近まで続いています。

口岳山頂の三等三角点口岳の標石に到着。展望はありません。
DSCN3702.jpg

下りは踏み跡を辿ってみます。

コンクリート製の標識、最後の「村」だけは確認できます。
DSCN3706.jpg

しっかりした踏み跡が所々現われては消えます。
DSCN3710.jpg

踏み跡はまっすぐ、電波塔方向へ続いているようですが

途中で別れ、駐車方向の右下へ斜面を下って行きました。

電波塔から山頂に向け尾根沿いに踏み跡が続いてるようです。

測量の為のルートではないかと思われます。

いないとは思われますが登る時は電波塔からの入山をお勧めします。

所要時間 1時間 単独 往復

思ったより早く下山出来たので、もう一本行けそうです。

近くの山へ移動します。




21:15 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


ひょうたん岳(鹿児島 下甑島) 

2017年05月05日 ()
5月3日

甑島3日目、午後のフェリーの時間まで楽しみたいと思います。

まずはひょうたん岳。名前にひかれ登ってみる事にしました。

道中から望むひょうたん岳。
DSCN3677.jpg

ひょうたん岳ルート
十字路の所が登山口。

左の脇道に入って行きます。
IMG_1769.jpg

最初は牧場の脇を登って行きます。
DSCN3678.jpg

樹林帯に入り、道も途切れたりします。
DSCN3693.jpg

やがて道も無くなり、目印もありませんが一つ目のピークを越え

二つ目のピークに達するとひょうたん岳山頂です。展望はありません。

落ち葉に覆われていて三角点が見当たりません。

足で落ち葉を掻き分けながら探しましたが、なかなか見つかりません。

諦めようと思った時、コツンと足に当たる感触があり

払ってみると三角点がお目見えしました。
DSCN3687.jpg
三等三角点峰平の標石です。

山頂で30分近く探し回りました。やれやれです。

往路を戻って行きました。

所要時間 1時間10分 単独 往復

次の山に向かいます。



14:20 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


青潮岳(鹿児島 下甑島) 

2017年05月05日 ()
5月2日

甑島での目的は達成したのでこれからは付録みたいなものですが

お楽しみ(お付き合い)下さい。

殆ど車も通らないような林道を進み取付き地点を探します。

うっかり行き過ぎてしまい、引返します。
青潮岳ルート

青潮岳に続く尾根上辺りを見て行くと、ありました、白テープ。
DSCN3649.jpg
入って行きます。

古い赤テープが続いています。
DSCN3651.jpg

後半は目印、踏み跡も無くなり藪となりましたが

強引に登って行き山頂。展望はありません。
DSCN3654.jpg

三等三角点青塩岳の標石です。
DSCN3658.jpg

往路を下って来ました。

所要時間 50分 単独 往復


時間が余ったのでナポレオン岩を観に行きます。

前の平展望所からの眺め。
DSCN3663.jpg

最後に長浜地区の公園の中にあった四等三角点長浜。
DSCN3676.jpg
夕方には一旦、電気自動車を返し(充電の為)に港に戻ります。

今宵は民宿泊。連休の谷間で混んでなくゆっくり出来ました。

こういう所ですから、潜りや釣りに来るお客様が殆どですね。

上海(日本人)や横浜から来ていた人もいました。

私は、めげずに明日も山に登りたいと思います。


12:00 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


尾岳(鹿児島 下甑島) 

2017年05月05日 ()
上甑島 遠目木山から下山後、高速船で下甑島へ渡ります。

長浜港の観光案内所で一人乗りの電気自動車CMOSを借ります。
自動車
レンタル料2時間1000円、初日は4時間、二日目は6時間借りました。

荷物はあまり積めない為リュックは観光案内所に預け出発です。
下甑島ルート

まずは尾岳を目指します。
尾岳ルート

喘ぎながら坂道を登り、稜線沿いにある自衛隊基地前を過ぎると

直ぐに登山口です。少し先の空き地に駐車。
DSCN3612.jpg

登ります。
DSCN3639.jpg

直ぐに「山頂まで1000m」の標識。
DSCN3614.jpg

なだらかに登って行き山頂です。
DSCN3623.jpg

一等三角点下甑島の標石です。
DSCN3625.jpg

甑島列島の眺め。
DSCN3629.jpg

往路を戻ります。

所要時間 1時間5分 単独 往復


遠目木山、尾岳と登り、久々の新規での一等三角点探訪でした。

高知の不入山以来ですね。

下山後、パワースポットの堅石に寄ってみました。
堅石ルート

入口には「遊歩道入口」の案内のみ。
DSCN3641.jpg

沢を横切り若干下って行くとありました。
DSCN3644.jpg
遊歩道終点にある巨岩、古大石です。

パワーを貰い戻って行きました。

所要時間 30分 単独 往復


続いて、青瀬岳に登りたいと思います。

11:25 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


遠目木山縦走(上甑島) 

2017年05月04日 ()
5月1日

一等三角点探訪に甑島へ行って来ました。

こには二つの一等三角点があります。

まずは上甑島の一等三角点を目指します。
上甑ルート

串木野新港から昼(11:20)のフェリーで上甑、里港に上陸します。
DSCN3507.jpg
向こうに見えるのが登る予定の山々です。

今日は山頂でテント泊の予定、時間も充分あるのでゆっくり出発します。
DSCN3512.jpg
海岸線で一休み。向こうには遠目木山。

高台から望む里地区の町並み。
DSCN3514.jpg

途中、小ピークの三角点に寄ってみます。

入口こそ茨を掻き分けましたが、山中に入ると登りやすく、山頂。
DSCN3518.jpg
四等三角点竹の標石です。

林道に戻り登って行くと遠目木山登山口に到着します。
DSCN3523.jpg

ゆっくり登って行き、展望が開けた山頂に到着します。
DSCN3535.jpg
一等三角点上甑島の標石。

里地区の町並み。
DSCN3554.jpg

景勝地、トンボロも眼下に眺める事が出来ます。
DSCN3549.jpg

山頂でまったりとした時間を過ごします。
DSCN3542.jpg

陽が傾いた頃テント設営。
DSCN3555.jpg

山頂からの夕陽。
DSCN3566.jpg

明るい内に夕食、明るい内にシュラフカバーに潜り込みました。

二日目
霧がかかっています。
DSCN3568.jpg

縦走路を歩き、嶺の山に到着。
DSCN3574.jpg
脇には四等三角点嶺があります。

どんどん下って行き林道に降り立ちました。
DSCN3579.jpg
ここからは車道歩き。

途中、風車の脇を通過。
DSCN3584.jpg

里地区に戻り、脇道を通ってみます。
DSCN3589.jpg
武家屋敷通り、玉石垣が見事です。

途中で見かけたマンホールの蓋。
DSCN3597.jpg
ローカル色豊かです。

亀城跡の展望所で時間調整します。
DSCN3603.jpg

9時前には二つ目の一等三角点がある下甑島へ渡る為里港へ戻って来ました。

コースタイム
一日目 里港12:40→四等三角点竹13:55→登山口14:15→遠見木山15:05
二日目 遠目木山5:50→嶺の山6:30→下山7:09→里港8:55

所要時間 5時間30分 単独 周回コース


9:45発の高速船で下甑島長浜へ渡ります。

新しい高速船のようで、船内は豪華です。
DSCN3608.jpg

途中、海上から中甑島と下甑島を繋ぐ建設中の橋が望めました。
DSCN3609.jpg
来年あたりには完成予定のようです。

完成したら又来てみたいですね。
20:47 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


甑島 登山ツアー 

2017年05月03日 ()
5月1~3日、2泊3日で行って来ました。(単独)
全体ルート2
メインは一等三角点探訪。

串木野市からフェリーで上甑島へ渡り、初日は遠目木山山頂でテント泊。
上甑ルート

2日目に下山後、高速船で下甑島へ渡り、一人乗りの電気自動車を借りて

尾岳、青潮岳に登りました。
下甑島ルート
今日は民宿泊。

3日目は下甑島南部のひょうたん岳、口岳、二等三角点潮尾崎を訪問。

午後のフェリーで戻り、先ほど帰宅しました。

前々から計画はしていたのですが、なかなかタイミングが合わず

今回、やっと訪問する事が出来ました。

久々のテント泊や、予定外の山にも登れたりで

楽しくも充実した三日間でした。

22:27 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


白谷雲水峡を散策(屋久島) 

2017年03月26日 ()
仕事の合間、空き時間に訪ねて来ました。
雲水峡ルート

平日で小雨も降っていますが、駐車場は満杯状態。人気ありますね。

整備員の案内により路肩に駐車します。

協力金300円、管理棟から入ります。
IMG_1390.jpg

弥生杉へ向かいます。
DSCN3417.jpg

弥生杉
IMG_1386.jpg

DSCN3414.jpg

DSCN3415.jpg

二代大杉
DSCN3420.jpg

最後は橋から眺める雲水峡。
DSCN3424.jpg

久しぶりの屋久島を楽しみました。

所要時間 1時間5分 単独 周回コース


帰り際には楠川温泉にも寄って帰りました。
DSCN3429.jpg


08:32 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


蔵王岳(加治木町) 

2016年02月19日 ()
近くまで来たので、ちょこっと登って来ました。
ルート2
ここに来るのも2回目です。

登山口近くの道路脇に駐車。

すぐに蔵王岳登山口です。
IMG_5894.jpg

高速道路脇を登ります。
IMG_5898.jpg
ここから、杉林に入り登山道を登って行きます。

急斜面にはトラロープ。
IMG_5908.jpg

山頂にはばたく日の丸ですが、今日は降ろされていました。
IMG_5901.jpg

木々の間から、錦江湾方面の眺め。
IMG_5902.jpg

加治木JCT方面の眺め。
IMG_5905.jpg

往路を下り、車に戻って来ました。
IMG_5913.jpg

所要時間 35分 往復

週末、また芳しくない天気予報ですね。

20:39 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


金峯山(南さつま市) 

2015年10月08日 ()

空き時間に近くの山に登って来ました。
2

南さつま市の金峯山。
IMG_3100.jpg

山頂近くには金峯神社があり、舗装された車道が続いています。
IMG_3126.jpg

駐車場から東岳、本岳、北岳と回ってきました。

まずは15分程で東岳展望台へ。尾根伝いに歩き本岳。

本岳には二等三角点金峰山があります。
IMG_3115.jpg

案内板は充実していますが、最近はあまり歩かれていないのか

登山道は少々荒れています。

特に西側展望台は立ち入り禁止になっていました。

一旦駐車場へ戻り北岳へ、10分程で往復出来ます。
IMG_3150.jpg
北岳から東と本岳を望む。

所要時間 1時間10分 単独 周回コース

21:01 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


TOP | NEXT