← 日本山 | TOP | 白峰三山縦走(前半)

白峰三山縦走(後半) 

2011年09月27日 ()
9月17日(土)

前夜は夜半から風と雨がツェルトを揺らし、なかなか寝付かれず。

ただ、思ったほどの激しさはなく夜が更けていきました。

おかげで朝方深い眠りに陥り、今朝も寝過ごしてしまい6:00近くの出発になりました。

出発時間には霧もはれ北岳も全容を現していました。
IMG_0298.jpg

雄大な仙丈ヶ岳もまだ姿を見せています。
IMG_0300.jpg

この天気もこれまで。間ノ岳からは雲の中です。
IMG_0311_20110926211929.jpg

こちらも真新しい三角点。
IMG_0319_20110926211928.jpg

今日は風が穏やかなのが救いです。ルートを外れないよう慎重に進んで行きます。

三国平分岐を過ぎると農鳥小屋。
IMG_0332_20110926211928.jpg

考えてみると、出発からは初めてリュックを下ろし大休止です。

一息入れ農鳥岳へ向かいます。

相変わらずのガスの中、標識のない西農鳥岳を過ぎ、農鳥岳へ。
IMG_0354.jpg

前後して進んでいた登山者と写真を撮り合い、下ります。

大門沢下降地点もガスの中、鐘がぶら下がっている標識。
IMG_0375.jpg

ここから広河内岳を往復します。

ピークを3個ほど超えると山頂です。
IMG_0380.jpg

下降地点へ戻り、大門沢を下ります。

この辺りから、ガスっていたのが雨になりその内本降りとなって来ました。

急斜面の長い下りを過ぎると沢沿いに出ます。

大門沢沿いに掛る何本かの丸太橋が先の大雨で流出したようで

昨日(9/16)辺りから入山可能となったとか。
IMG_0394.jpg

小屋が見えて来ました。

この雨の中、ツェルトを張る気にはなれず素泊まりを即決。
IMG_0396.jpg

今日のねぐら。
IMG_0395_20110926212232.jpg
今晩は布団一枚に一人、明日は連休中日でここの小屋には120人の宿泊者があるとか。

夕食は小屋前のテントの下。

雨が降り続く中、最後の夜を過ごします。

9月18日(日)

冷たい布団の中でしたがグッスリ寝れたようで気持ち良く目覚め
IMG_0408.jpg

今日も真新しい危なっかしい丸太橋を恐る恐る何本か渡って下ります。

途中、尾根超えがあり雰囲気のいい林の中を通ります。
IMG_0429.jpg
九州脊梁山地を思い出しました。

花にミツバチ。
IMG_0444.jpg

最後は3本の吊橋を渡るとフィナーレ。
IMG_0450.jpg

林道へ出ました。
IMG_0457.jpg

小一時間車道を歩き、奈良田の町へ。

9:25発の身延行きのバスに乗る予定。

時間がないが9:00からオープンの奈良田の里温泉に早めに行ってみる。

8:40だったが入浴OK。一番風呂に入りました。
IMG_0471.jpg
8時半ころからでも入れそうな雰囲気でした。

風呂上がりの美味しいビールを頂き帰路につきます。

身延駅からは普通列車を乗り継ぎ羽田空港へ。

途中、富士市辺りから見えた間近な富士山。
IMG_0481_20110926212355.jpg

最後にまた良いのが見れて、山行を締めくくりました。


コースタイム
1日目
広河原11:45→白根御池小屋13:55
2日目
白根御池小屋5:30→小太郎山分岐点7:25(→小太郎山8:35)9:45→肩の小屋10:20
→北岳山頂11:00(40分)11:40→北岳山荘12:30
3日目
北岳山荘6:00→間ノ岳7:30→農鳥小屋8:30→農鳥岳10:15
大門沢下降地点10:55(→広河内岳11:25)11:55→大門沢小屋14:00
4日目
大門沢小屋5:25→尾根越え6:17→林道7:25→奈良田8:35

所要時間
1日目 2時間10分
2日目 7時間
3日目 8時間
4日目 3時間10分   (トータル 20時間20分)
関連記事
08:00 本州の山 | (0) | (2) | 


COMMENT

Re: 北岳の11月上旬  エクシードkazu
>富士王様
すごいですね。
御無事でなによりです。

この年になると無理が効きません。
ほどほどに楽しみたいと思います。

北岳の11月上旬  富士王
おはようございます。

1年の締めくくりに11月上旬は南アルプスの北部に居る事が多かったです。

鳳凰三山は寝袋だけ、北岳はツエルトで白根御池をベースにして膝下くらいの積雪の北岳を登ったりもしました。
甲斐駒も寝袋だけで雪を避けて山中にごろ寝。
共通しているのは山頂の強風です。

そうそう、地蔵岳のオベリスクの上では強風で立てませんでした。四つん這いでぐるりを眺めて、早々に降りました。

11月の第1週は気温も高く、紅葉も残っていますので
次回はぜひアイゼン、ピッケル持参でアタックしてみて下さい。

コメントを閉じる▲

 ← 日本山 | TOP | 白峰三山縦走(前半)

COMMENT

>富士王様
すごいですね。
御無事でなによりです。

この年になると無理が効きません。
ほどほどに楽しみたいと思います。
21:09 エクシードkazu #-

おはようございます。

1年の締めくくりに11月上旬は南アルプスの北部に居る事が多かったです。

鳳凰三山は寝袋だけ、北岳はツエルトで白根御池をベースにして膝下くらいの積雪の北岳を登ったりもしました。
甲斐駒も寝袋だけで雪を避けて山中にごろ寝。
共通しているのは山頂の強風です。

そうそう、地蔵岳のオベリスクの上では強風で立てませんでした。四つん這いでぐるりを眺めて、早々に降りました。

11月の第1週は気温も高く、紅葉も残っていますので
次回はぜひアイゼン、ピッケル持参でアタックしてみて下さい。
08:47 富士王 #-

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 日本山 | TOP | 白峰三山縦走(前半)