← 揺岳~白岩山縦走(脊梁山地) | TOP | 脊梁主稜縦走二日目

脊梁主稜縦走三日目 

2014年05月11日 ()
5月3日

今日は目覚ましより早く4時前には起き出します。

今朝はテント内の結露は少なく冷え込みは少ないようです。

薄暗い5時過ぎに出発。

白鳥山山頂では写真だけ撮り時雨岳方面との分岐点へ。

ここで日の出を迎え(5:30)、水上越へ向け下って行きます。
P1110404.jpg

以前より目印も増え、見通しも良くなっていますので

忠実にテープを辿って行けばルートミスはないでしょう。
P1110415.jpg

ヤマシャクヤクも開きかかっています。
P1110446.jpg

P1110426.jpg

P1110427.jpg

P1110455_2014051108532716c.jpg

趣のある標識、良いですね。
P1110461.jpg

七遍巡り
P1110463.jpg

水上越、七遍巡り、南犬切山、石楠越と順調に歩いてきました。

ここから先、久しぶりに歩きます。
下り

鷹巣山、蕨野山、積岩山のルートも以前より歩き易くなっています。
P1110515.jpg

「積岩山」にはいろんな読み方があるようですね。

「つみいわやま」「せきがんざん」、わたくし的には「こずみいわやま」かな。

奥座向への下り、目を楽しませてくれます。
P1110541.jpg

奥座向には三等三角点中道があります。
P1110548.jpg
レスキューポイント65番です。

ここからは北北西へ延びる尾根を辿ってみます。

尾根はすっきりとした歩き易い素晴らしいルートです。
P1110559.jpg
ルートミスをしないことが重要です。

P839地点は切り開かれていて四等三角点が新設されていました。
P1110565.jpg

国土地理院に確認したところ、昨年9月に設置したものでまだ公表していないとの事。
P1110567.jpg
ちなみに点名は「奥座向」(おくざむかい)となるそうです。

三角点から少し下ると古い道が横切っていて祠が祭られています。
P1110574.jpg

尾根歩きの最後は急斜面となり注意して下って行くと林道に出会います。

ジグザグに林道を下って行くと、最後番犬がお出迎えしてくれました。

犬小屋があり、だれか飼っているのでしょう。

川辺川に架かる中道橋手前にはゲートがあり一般車両は入って来れません。
P1110589.jpg
奥座向よりここまで2時間かかっていません。良いルートでした。

橋を渡ると中道バス停があります。便は日に3本あり。

R445を3.6km、てくてくと歩き車まで戻ってきました。

2泊3日での脊梁山地主稜周回コースが完成しました。
全体4

コースタイム
御池(テン場)5:10→白鳥山5:25→水上越7:30→七遍巡り8:25→南山犬切8:45
→石楠越9:45→鷹巣山10:33→岩茸山11:37→積岩山11:58/12:15
→奥座向13:00→四等三角点奥座向13:40→林道出合14:38→中道橋(下山)14:55
→(車道歩き50分)駐車場所15:50

所要時間 
1日目 8時間45分
2日目 11時間45分
3日目 10時間40分 単独 縦走

関連記事
15:37 熊本県の山 | (0) | (0) | 


 ← 揺岳~白岩山縦走(脊梁山地) | TOP | 脊梁主稜縦走二日目

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 揺岳~白岩山縦走(脊梁山地) | TOP | 脊梁主稜縦走二日目