← 祖母傾大崩縦走二日目 | TOP | 80000アクセス

祖母傾大崩縦走一日目 

2014年09月21日 ()
前日(木)、宮崎県での用事が終了後、杉ヶ越へ向かいます。

峠の神社まで登り、水6Lをデポします。

此処での水補給には、水場が遠く小一時間程かかるため時間節約の為です。

祝子川登山口に車をデポし、上畑登山口で仮眠したのは24時過ぎていました。

9月12日(金)
3:00起床、出発前から忘れ物があったりとドタバタします。

3:40、いよいよ長い縦走の始まりです。
1日目

今回のパートナーは7月に歩いた背振山系縦走でお世話になったY田様です。

今回、彼の計り知れないパワーに期待しています。

5分程登り、登山届けを提出します。
P1150087.jpg

尾根への取付きが、暗い中で少しうろうろしましたが無事取付くことが出来ました。

植林地帯を黙々と登り、1時間程で沢(水場)渡ります。

明るくなってくると廻りの山が見えて来ました。
P1150094.jpg
雲海に浮かぶ傾山。天候は今一です。

これぐらいが(曇り空)汗をかかなくて良いのかも。

障子岩はうっかりと通り過ぎてしまいました。(案内板なし)

アップダウンを繰り返し大障子岩へ。
P1150116.jpg
大きい方が当然彼のリュック。

P1150107.jpg
祖母山、障子岳、古祖母山。まだまだ遠いです。

下って行き、八丁越。

この辺は一昨年、メンノツラ谷を訪れた時歩いています。

振り返って見る大障子岩。
P1150126.jpg

池の原展望台、宮原、馬の背を順調に歩き、12時過ぎに九合目小屋に到着します。

静かな小屋の前で休憩、水を補給し祖母山へ向かいます。

次の水補給予定はブナ広場?の予定。

祖母山頂。
P1150151.jpg

一等三角点祖母山
P1150153.jpg

山頂では登山者と挨拶を交わし、写真だけ撮って先に進みます。

ここの下りは梯子、ロープがある岩場もあり慎重に下って行きます。

黒金山尾根分岐を過ぎ、登り返して障子岳。
P1150174.jpg

この辺、鹿除けでしょうかネットが張り巡らされています。

何処も鹿には悩まされているようですね。

緩やかに登って行き古祖母へ。
P1150177.jpg
この辺りでぽつぽつと降り出して来て、山頂では一時本降り状態です。

尾平越へ下って行きます。
P1150183.jpg
稜線も雲の中にあるようです。

トンネル分岐へ到着。尾平側への下山路にはバリケードがあり通行できないようです。
P1150186.jpg
現在、尾平越トンネルから縦走路に上がってくるルートは宮崎県側から2ルートがありようです。

ここともう少し進んだ尾平越から宮崎県側トンネル入口へ下れます。

ひと山越えて、ブナ広場?(水場)へ。

久しぶりに来て、様変わりしていました。

現在ではブナ広場の標識はなく、水場の標識のみ。
P1150189.jpg

ブナの木が枯れてなくなっていて、「ブナ広場」ではなくなっています。

最新の地図でも「ブナ広場」の表記は消えているようです。

以前の標識。懐かしい標識になってしまいました。
SANY0242.jpg

今回のルート全体でも、立ち枯れやスズタケが枯れている所が多く見受けられ危惧されます。

距離を稼ぐため、日没までは歩くことにしました。

雨も再度振ってきました。

本谷山への緩やかな登りの途中、クマザサの平坦地にテントを設営します。
P1150192.jpg

二人とも体調も良く、1日目は順調に歩き通せました。

コースタイム
上畑3:40→水場4:45→大障子岩8:36→宮原10:55→九合目小屋(11:40/12:20)→
祖母山12:36→障子岳14:29→古祖母山15:33→トンネル下降点16:55→尾平越17:16
→水場17:27→テン場18:20

所要時間 14時間40分 二人 縦走

関連記事
09:33 大分県の山 | (0) | (0) | 


 ← 祖母傾大崩縦走二日目 | TOP | 80000アクセス

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 祖母傾大崩縦走二日目 | TOP | 80000アクセス