← 足立山(北九州市) | TOP | 南外輪山縦走(阿蘇)

高岳周辺(阿蘇) 

2015年08月17日 ()
8月16日

お盆休み、最終日に時間が取れました。

ちょっとだけ負荷をかけ、阿蘇を歩いてきました。
ルート

今日は曇りの予報、ゆっくり出て8時45分仙酔峡を出発です。
sIMG_2744.jpg

曇り空ですが高温多湿、吹き出る汗を拭いながらの尾根歩きです。

途中から雲の中、稜線はガスの中です。
sIMG_2758.jpg

まずは高岳へ向かいます。三等三角点高岳。
sIMG_2763.jpg

まっすぐ稜線を下り、月見小屋へ向かいます。
sIMG_2767.jpg

火山灰が所によっては降り積もっています。
sIMG_2768.jpg

月見小屋、小屋の中で大休止。
sIMG_2774.jpg

ガスも濃くなり、大鍋をうろうろしながら東峰へ到着です。
sIMG_2780.jpg

ここから日ノ尾峠に続く東尾根を少し下ってみることにしました。
sIMG_2804.jpg
下山口には進入禁止の警告板があります。

2012年夏の豪雨で登山道の一部が崩壊している為です。

状況確認に降りてみます。

登山道を覆う草を掻き分け10分ほど下ると崩壊場所に到着。
sIMG_2798.jpg

登山道はかろうじて残っていて注意して下っていきます。

崩壊により登山道が寸断されている所があり、

下の方に案内板が倒れているのが見えます。

案内板の所まで斜面を下ります。
sIMG_2800.jpg
この辺が登山道崩壊の核心部のようです。

ここから下へは登山道は続いておりました。
sIMG_2785.jpg

暫く下っていくとミヤマキリシマの密集地帯に迷い込んでしまいました。

潮時なのでここら辺りで下山をやめ、登り返すことにします。

途中雨が降ってきました。

雨具を着込み、雨で濡れた草木を掻き分けながら登り返します。

やがて雨も止み、振り返ってみる東尾根方面です。
sIMG_2794.jpg
根子岳は雲の中。

登り返す事、1時間ちょっとで東峰に戻ってきました。

東尾根へは、もう暫くは近づかない方がいいでしょう。

東峰で休憩していると、ガスも一瞬晴れ、高岳方面を望むことが出来ました。
sIMG_2808.jpg

帰りは中岳経由で下ります。

再び高岳まで歩き、中岳方面へ下って行きます。
sIMG_2815.jpg

ところが、中岳手前 砂千里への分岐点の所に進入禁止の案内と

トラロープが張り巡らせてあるではないですか。
sIMG_2823.jpg
ここから仙酔峡ロープウェイの間は進入禁止になっているようです。

トラロープをまたぎ、50m先の中岳まで失礼します。
sIMG_2820.jpg

戻って、仙酔尾根を下るしかありません。

本日、三度高岳を通過し登ってきた仙酔尾根を下って行きました。

コースタイム
仙酔峡8:45→稜線10:43→高岳10:50→月見小屋11:10/11:30→
高岳東峰11:47→東尾根引返し地点12:40→東峰13:55/14:12→
高岳14:30→中岳14:50→高岳15:15→稜線下り15:25→駐車場16:40

所要時間 8時間5分 単独 周回コース


関連記事
18:15 熊本県の山 | (0) | (0) | 


 ← 足立山(北九州市) | TOP | 南外輪山縦走(阿蘇)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 足立山(北九州市) | TOP | 南外輪山縦走(阿蘇)