← 屋根修理(熊本地震) | TOP | 扇田環境センター

ゴールデンウィーク 

2016年05月09日 ()
後半は5月3日から8日までの6連休でした。

予定では出かける予定でしたがこんなご時世、DIYに励みました。

築30数年、木造の我が家。今回の揺れであちこち痛みました。

ただ、致命的な傷はないので自分でぼちぼち楽しみながら直して行こうと思います。

5月3日
朝から雨、室内をいじります。

何ヶ所か開き戸の開閉がスムーズにいかなくなりました。

蝶番の調整やカンナ掛けでスムーズに開閉するようになりました。

続いてお風呂のタイルが何ヶ所か割れたのを治します。
DSCN0685.jpg

防水パテを埋め、シーリングを行い、とりあえずお風呂には入れそうです。

5月4日
外回り。

瓦の割れ、外壁のひび、地割れ、倒壊したブロック塀。

そんな状況下、まず石垣を補強することにしました。
DSCN0859.jpg

近所でもこの手の石垣の崩壊が数多く見受けられます。
近所

まずは隙間(目地)の掃除、場所によっては大きな空洞になっています。
DSCN0863.jpg
あまりにも深い所には発砲スチロールを詰め込みます。

続いて、モルタルを埋め込んで行きます。
DSCN0923.jpg
セメント対左官砂を1対2.5に配合、良くかき混ぜ水を加えモルタルを作ります。

いろいろ試しましたが手で埋め込んで行くのが一番良いようです。
DSCN0911.jpg

地道な作業ですがだんだんと要領を得て来ます。

一日目は15m(高さ1.5m)程の石垣の、3分の一程が終了しました。

5月5日
昨日に続き、石垣の目地を埋めて行きます。

道路の向かい側は災害ゴミ置場。

三重県津市の収集車が何回か回収に来ます。
DSCN0939.jpg

後半の出来栄え。
DSCN0925.jpg
全体の3分の2程が終わり今日は終了。

5月6日
朝から雨。今日は瓦を買に行くことにしました。

我が家の瓦は2012年で製造中止になっている特殊な瓦。

コンクリート製のスカンジア瓦。
かわら
製造元に確認したら在庫があるとの事。

山口県は防府市まで買いに行くことにしました。

必要なのは20枚ほど、余裕を見て40枚ほど買って帰ります。
(地瓦、ヒモ丸、丸巴)

親切に施工方法など教えて頂き、必要な部材も頂いて帰りました。

5月7日
石垣の目地埋めも最終日にしたいものです。

残りの3分の一程も夕方までには終了。

5月8日
石垣を仕上げます。

側溝と石垣との隙間を埋めて行きます。
DSCN0948.jpg

仕上がり。
DSCN0946.jpg

全体の出来上がり具合です。
DSCN0979.jpg

午後からは屋根瓦の修理、手始めに簡単な所から始めます。

2階の屋根から落ちた瓦でやられた1階屋根の瓦の修理から。
DSCN0941.jpg

使えそうな瓦は接着して使います。
DSCN0945.jpg

購入したのは黒色の瓦。

色は後で塗ることにして、雨漏りしなければOK。
DSCN0951.jpg

今週はここまで。



さぁ、次は何処に手を付けよう。


関連記事
23:00 日記 | (0) | (0) | 


 ← 屋根修理(熊本地震) | TOP | 扇田環境センター

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 屋根修理(熊本地震) | TOP | 扇田環境センター