← 南アルプス北部縦走⑤ | TOP | 南アルプス北部縦走③

南アルプス北部縦走④ 

2016年08月14日 ()
4日目

朝食もそこそこに、日の出を山頂で迎える為4:15仙丈小屋を出ます。
南ア北部縦走4日目

快晴とはいかず、日の出の時間となりましたが太陽は顔を出してくれません。

仙丈ヶ岳の三角点と甲斐駒方面。
DSCN1982.jpg

左奥に富士山、北岳、間ノ岳。標高NO1,2,3の揃い踏みです。
DSCN1980.jpg

山頂滞在もそこそこに、仙塩尾根縦走の始まりです。

目の前の大仙丈ヶ岳を登り返します。今日もTさんと同行します。
DSCN1986.jpg

朝日に照らされた大仙丈ヶ岳山頂。
DSCN1987.jpg

西の方には中央アルプスが横たわっています。
DSCN1991.jpg

仙塩尾根の縦走路を下って行きます。
DSCN2000.jpg

両俣小屋分岐点の野呂川越まではアップダウンしながら下って行きます。

高度を下げ、美しい樹林帯を進みます。
DSCN2010.jpg

伊那荒倉岳はうっかり通り過ぎてしまい三角点も確認出来ませんでした。

下って行き高望池。涸池です。

独標を過ぎ横川岳。
DSCN2016.jpg

下って行き野呂川越、両俣小屋への分岐点です。
DSCN2017.jpg

進むコースを考えました。

まだ9時過ぎ、天候はもう少し持ちそうです。

熊ノ平小屋まで行くというTさんに同行する事にしました。

少し登った所に三等三角点横川岳が登山道脇にあります。
DSCN2020.jpg

ここからは登りが続き、三峰岳(みぶだけ)へ向かいます。

野呂川越から約三時間、きつい登りで三峰岳に到着します。
DSCN2023.jpg

間ノ岳は雲の中。

一息入れ熊ノ平に向け下山開始です。

雲間から農鳥岳へのトラバース道を確認できます。
DSCN2026.jpg

ガレ場を下って行き三国平。
DSCN2028.jpg
農鳥岳からの道が合流しています。

樹林帯に入り熊ノ平小屋が見えて来ました。
DSCN2030.jpg

この辺で今日もぱらぱらと降って来ます。

雨もここまで持ってくれました。

井川越手前のお花畑。
DSCN2032.jpg

小雨の中、熊ノ平小屋に到着。

テント受付とビールを購入。

小屋から少し戻った所のテントスペースに、雨が止んだのを見計らい設営。
DSCN2033.jpg
すぐ横に水場もあり便利な所です。

同行しているTさんは小屋泊まりです。

小屋に出向き、明日の出発時間を確認。ついでにビールをまた購入。

時には激しく降る雨の中、テント内でのんびり過ごしました。

コースタイム
仙丈小屋4:15→仙丈ヶ岳4:40→大仙丈ヶ岳5:17→高望池7:22→
横川岳8:45/8:55→野呂川越9:10→三峰岳12:12/12:25→
三国平13:09→井川越13:30→熊ノ平小屋13:40

所要時間  9時間25分 二人 縦走

明日の晴天を願いつつ早めにシュラフに潜り込みました。

関連記事
21:19 本州の山 | (0) | (0) | 


 ← 南アルプス北部縦走⑤ | TOP | 南アルプス北部縦走③

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 南アルプス北部縦走⑤ | TOP | 南アルプス北部縦走③