← 二等三角点潮尾崎(鹿児島 下甑島) | TOP | ひょうたん岳(鹿児島 下甑島)

口岳(鹿児島 下甑島) 

2017年05月05日 ()
5月3日

本日二つ目の山は口岳。

取付き地点を何処にするか地図を眺めながら決めて行きます。

基本、尾根コース。

等高線が粗く傾斜が緩やかな所。

ということで、今回も取付地点を決めました。
口岳ルート

廃棄物処理場の入り口脇に駐車し

対岸の斜面に取付きます。
DSCN3695.jpg

直ぐに急斜面、尾根に出て登って行きます。

酷い藪漕ぎもなく順調に登って行くと登山道らしき踏み跡に出合います。
DSCN3697.jpg

辿って行くと傾斜も無くなり広い尾根を進みます。

所々踏み跡が現われて、山頂付近まで続いています。

口岳山頂の三等三角点口岳の標石に到着。展望はありません。
DSCN3702.jpg

下りは踏み跡を辿ってみます。

コンクリート製の標識、最後の「村」だけは確認できます。
DSCN3706.jpg

しっかりした踏み跡が所々現われては消えます。
DSCN3710.jpg

踏み跡はまっすぐ、電波塔方向へ続いているようですが

途中で別れ、駐車方向の右下へ斜面を下って行きました。

電波塔から山頂に向け尾根沿いに踏み跡が続いてるようです。

測量の為のルートではないかと思われます。

いないとは思われますが登る時は電波塔からの入山をお勧めします。

所要時間 1時間 単独 往復

思ったより早く下山出来たので、もう一本行けそうです。

近くの山へ移動します。




関連記事
21:15 鹿児島県の山 | (0) | (0) | 


 ← 二等三角点潮尾崎(鹿児島 下甑島) | TOP | ひょうたん岳(鹿児島 下甑島)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 二等三角点潮尾崎(鹿児島 下甑島) | TOP | ひょうたん岳(鹿児島 下甑島)