BACK | TOP | NEXT

賀陽山(沖縄) 

2013年02月02日 ()
1月27日

一等三角点伊平屋島(いへやしま)は伊平屋島、賀陽山山頂にあります。
ルート

宿から近く、夜明けとともに登り始めました。登山口です。
IMG_2982.jpg

隣には現在工事中で、水がないダムが広がっています。

前日、宿のおかみさんや近所のお兄さんから仕入れた情報によると

この島のハブは冬眠しないそうで気を付けて下さいとの事でした。

ということで、両手に杖替わりの棒を持ち登山道へ分け入って行きました。

ルートは地元の方が整備されているようで切り開かれていて迷う事はないルートです。

おかげでハブに対する恐怖も徐々に薄れて楽しく登って行きます。
IMG_3010.jpg

山頂に到着しました。
IMG_2983.jpg

今回は訪れる事が出来なかった島北部の眺めです。
IMG_2985.jpg

山頂には一等三角点伊平屋島。
IMG_3000.jpg

標石です。
IMG_2990.jpg

来た道を戻ります。

コースタイム
登山口7:05→賀陽山7:40→登山口8:05

所要時間 1時間 往復


間に合いそうなので一便で戻る事にしました。

宿に戻りコーヒーを飲みながら、おかみさんと三角点の話で盛り上がります。

船の時間がせまり名残惜しいのですが帰路に就きました。

船上から見えた賀陽山です。
IMG_3024.jpg


本島に戻り、今盛りの桜を見に行きます。

八重岳の桜祭り。
IMG_2924.jpg
多くの人で賑わっていました。

ついでに八重岳の一等三角点八重岳を訪れます。
IMG_3032.jpg
ここは2回目の訪問。

時間もちょうど良いので空港へと戻って行きました。
21:43 一等三角点 | (0) | (0) | 


東京(大正) 

2012年12月29日 ()
一等三角点とうきょう(たいしょう)は東京タワー近く

ロシア大使館近くにあります。
ルート

小雨が降り続く中、赤羽橋駅から歩いて行きます。

三角点近くには日本経緯原点があります。
P1040156.jpg

ここが原点です。
P1040160.jpg

説明文です。
P1040157_20121229215958.jpg

三角点はここからは目と鼻の先。

ですが、現在はアフガニスタン大使館の敷地内です。

守衛棟を覗いてみますが今日は土曜部、不在のようです。

遠目に三角点の標識が望めます。
P1040165.jpg

近付くことは難しそうです。

諦める事にしました。

帰り、東京タワーが霞んで見えていました。
P1040161.jpg
22:10 一等三角点 | (0) | (0) | 


大和田(埼玉県) 

2012年12月23日 ()
一等三角点おおわだはさいたま市見沼区にあります。
ルート

大宮駅から東武野田線に乗り大和田駅で下車。

踏切を渡り路地を抜け、大和田公園通りに出ます。
P1040141.jpg

大和田坂上バス停の先から脇道に入り三角点へ向かいます。

最後は三角点へ向かう路地に出合います。
P1040155.jpg

突き当りには民家、チャイムを鳴らしてみましたが長期不在のようで締め切っていました。

仕方なく裏手の畑へ回ってみると、三角点が畑の真ん中にぽつんとあります。
P1040144.jpg

畑は耕したばかりのようです。

踏みつけないよう注意して三角点へ近づきます。
P1040147.jpg

標石です。
P1040150.jpg

大和田駅へ戻ります。

ぽつぽつ、降り出して来ました。
22:56 一等三角点 | (0) | (0) | 


根岸(埼玉県) 

2012年12月23日 ()
一等三角点ねぎしは埼玉県は川口市、川口JCT近くにあります。
ルート
三角点は公園内(グリーンセンター公園)にあります。

東川口駅からバスで行ってみました。

ちょっと遠廻りして正面入り口にあるバス停に到着します。
P1040138.jpg

入場料300円を払い公園内へ。

すぐに「つつじ山」、その一角に三角点はあります。
P1040120.jpg

標石はマンホールの中、近くにあった鉄の棒を使いこじ開けます。
P1040124.jpg

案内板。
P1040121.jpg

標石です。
P1040126.jpg

肌寒い土曜日、あまり賑わっていない園内を散策し、再びバスで川口駅へ向かいました。

行き方として埼玉高速鉄道、新井宿駅から東門を目指す方法もあります。
(こちらの方が早いでしょう)
10:07 一等三角点 | (0) | (0) | 


本郷(埼玉県) 

2012年12月19日 ()
一等三角点ほんごうは埼玉県所沢市にあります。
ルート

JR武蔵野線、東所沢駅で下車。三角点へ向かいます。
P1040089.jpg

大きなマンションの前を歩き裏通りに入ると畑の脇を歩きます。
P1040090.jpg

下りに入ると目の前に大きな観世音菩薩立像の後姿が現れます。
P1040110.jpg

東福寺の墓地を通り抜け高台に上がると畑が広がっています。

柵の向こう、畑の中に三角点はあります。
P1040107.jpg

標石です。
P1040101.jpg

来た道を駅まで戻って行きました。

所要時間 駅から往復 40分

22:20 一等三角点 | (0) | (0) | 


徳丸(東京) 

2012年12月18日 ()
一等三角点とくまるは東京都板橋区にあります。
ルート

8時過ぎ、東武東上線東武練馬駅で下車。
P1040069.jpg

駅前の道を三角点へ向かいます。

脇道へ入るとアパート(郵政宿舎)が見えます。
P1040071.jpg

三角点はその前、道路脇にありました。
P1040079.jpg

標石です。
P1040078.jpg

ゴミ捨てに出て来られた住民の方と挨拶を交わします。

所要時間 駅から往復15分
22:13 一等三角点 | (0) | (2) | 


COMMENT

Re: お久ぶりです  エクシードkazu
> masao様
ご無沙汰です。そしてコメントありがとうございます。
たしか練馬区でしたね。
断りもなくお邪魔しました。

お久ぶりです  masao
家の近くまで来たんですね~

びっくりしました

コメントを閉じる▲

瓊多窟(ぬたっく)北海道 

2012年10月20日 ()
一等三角点瓊多窟(ぬたっく)は釧路湿原東側にあります。

コッタロ湿原展望台から未舗装の道を走ります。

塘路駅に到着。
一等三角点  

ここから家内とは別行動です。

家内は塘路駅で列車に乗車、釧網本線で遠矢駅まで湿原を眺めながらの移動。
IMG_1993.jpg

私は途中の一等三角点を探訪し遠矢駅で再度合流する予定です。

三角点へはR391号線からNTT基地局方面へ脇道に入ります。

駐車スペースがあり車を止め、三角点を目指します。
IMG_1999.jpg

施設より右上に笹薮を掻き分け進むと三角点があります。
IMG_2003.jpg

標石です。
IMG_2011.jpg

証拠写真撮影もそこそこに遠矢駅に移動します。

列車到着より速く駅に着く事が出来ました。
IMG_2020.jpg

釧路湿原道路を走り、釧路を離れます。
IMG_2031.jpg

池田ICから高速に乗り、暗くなって苫小牧に到着しました。
22:10 一等三角点 | (0) | (0) | 


辺別台(北海道) 

2012年10月14日 ()
一等三角点辺別台は美瑛の北美瑛駅近くにあります。
一等三角点辺別台

高台を通る農道脇にあり車で横付けできます。
IMG_1627.jpg
見晴らしが良い場所にあります。

標石です。
IMG_1630.jpg
久しぶりの一等三角点訪問です。前回はこちらでした

この後は観光客となって美瑛周辺を車で一回りしました。
P1030499.jpg

ひまわり畑
P1030519.jpg


07:23 一等三角点 | (0) | (0) | 


沖ノ島(沖津宮)(福岡県) 

2012年06月02日 ()
5月27日(日)

現在でも女人禁制、また素裸になり海水で禊(みそぎ)を行わないと入島できない島

沖ノ島へ行ってきました。
沖ノ島周回

一般人が入島出来るのは年に1回、この日の現地大祭のときだけです。

3月より宗像大社で一般募集がはじまり抽選により参加が決まります。
IMG_0025_20120602181949.jpg

前日の26日に中津宮(大島)で受け付けがあり今日に至ります。

7時、港に集合7時半に出発です。
IMG_0184.jpg
日頃は定期便(神秦ー大島)として運行されている旅客船「しおかぜ」を使用します。

一隻には全員乗り切れず、他に遊漁船が4,5隻出ます。

沖ノ島には渡れない女性陣の見送りを受けます。
IMG_0190_20120528141038.jpg

今日は海も穏やかです。

神様の思し召しか、日ごろの行いが良いのか年に何回もない凪ぎのようです。

快適な1時間半程の船旅で霞の向こうに沖ノ島が見えて来ました。
IMG_0212_20120602181948.jpg

9時前、沖ノ島上陸です。
IMG_0223_20120602192314.jpg

奥に見える灯台の脇に一等三角点沖ノ島があります。

海水で禊(みそぎ)を行い沖津宮へ向かいます。
IMG_0270_20120602192938.jpg
ここから先は撮影禁止。

以前は規制もそれほど厳しくなかったようですが最近不届き者(禁止事項を守らない人)

が時々いるようで今年から特に厳しくなったようです。

(沖津宮から上には入山禁止との事。 残念)

この島では「島内で見聞きしたことを話しては行けない」と、かつては"御不言様"(おいわずさま)

という掟があったということのようで、私も多くは語らない事にします。

何しろ神秘に包まれた、歴史的にも貴重な島、沖ノ島です。

厳粛な中、参拝しパワーを頂き下山しました。

港に戻り、地元の漁師様達のはからいで直会(なおらい)に参加。
IMG_0276.jpg

参加者の方々の貴重な話や、妙な所でつながっていた人がいたりと、

楽しいひと時を過ごしました。

12時過ぎ、沖津宮を守る宮司様の見送りを受け、島を離れます。
IMG_0290_20120528141132.jpg

帰りには沖ノ島を時計回りに一周して戻ります。
IMG_0309.jpg

沖ノ島に別れを告げます。
IMG_0345_20120528141130.jpg

一番の目的、一等三角点沖ノ島探訪はかないませんでしたが

貴重な体験ができた島旅でした。



一等三角点沖ノ島へは別の形で訪れる事にしよう。
20:21 一等三角点 | (2) | (2) | 


COMMENT

Re: 沖津宮  エクシードkazu
> 憲坊法師様
コメントありがとうございます。
昨年不届き者がいたようで今年は特に規制が厳しかったようです。
今年もカメラマンは撮影OK、一般はNGでした。

沖津宮  憲坊法師
4年前に参加した時は撮影については何も言われませんでした。参拝の様子も放送局のカメラマンが撮影していました。
TBさせていただきます。

コメントを閉じる▲

彦山(広島県) 

2012年05月14日 ()
新規では久々の一等三角点訪問になります。

彦山は広島県福山市の南部、グリーンライン沿いにあります。
地図
一等三角点ひこやまはその山頂にあります。
ルート

早朝、グリーンラインに入り進入路に注意しながら走ります。陽が差して来ました。
Image190.jpg

彦山への進入路には鎖ゲートがあり車では入れません。
Image192.jpg

50mほど先に車1台止めるスペースがあり駐車。
Image191.jpg

彦山へ登ります。砂利道が山頂まで続いています。

山頂には電波塔があり三角点はその施設の裏手にありました。

残念ながら写真を載せる事が出来ません。


やっちゃいました。

今回の中四国遠征にデジカメは持ってきたのですがバッテリーを忘れて来ました。

代わりに携帯で撮り続けたのですがメモリーへの保存操作でミスってしまい

データーが飛んでしまった次第です。

彦山の三角点標石と今治市の本州四国連絡橋公団の基準点(金属標)へは

写真を撮りに再訪問予定です。


所要時間 20分 往復
08:20 一等三角点 | (1) | (0) | 


BACK | TOP | NEXT